amazonギフト券のシートタイプってご存知ですか?
聞いた事はあるけれど、買う人いるの?というのが正直思っていました。

amazonギフト券シートタイプって意外と人気があったそうです。
2017年の4月24日より以前は有効期限が短く設定されていました。
今現在はamazonギフト券の有効期限は一律で10年になりましたが、以前までは違ったのです。
以前までの有効期限を、ご紹介しましょう。

2017年4月24日以前に発行されたamazonギフト券の有効期限
シートタイプ3年
Eメールタイプ1年
カードタイプ1年
チャージタイプ1年
法人向けタイプ2年

2017年4月24日以前までは、有効期限が1年というのが普通でした。
その中で、シートタイプだけは何故か3年も有効期限がありました。

他のamazonギフト券よりも、2年も有効期限が長い事から人気のあるamazonギフト券でした。
そんなamazonギフト券シートタイプについて知りたい方の為に、詳しく紹介しましょう。

1:amazonギフト券シートタイプとは

amazonギフト券シートタイプってなに?
一般的に知られているamazonギフト券はカードタイプのギフト券ですよね。

今回紹介するのはカードタイプのamazonギフト券ではなく、シートタイプのamazonギフト券を紹介します。
amazonギフト券シートタイプとは、販売店(コンビニエンスストア)に設置したマルチメディア端末から操作し紙のシートにギフト番号が印字されるタイプのamazonギフト券です。
現金で購入できるので、クレジットカードを使わなくてもamazonで買い物を楽しむ事ができます。

販売金額は6種類です。

  • 2,000円
  • 3,000円
  • 5,000円
  • 10,000円
  • 20,000円
  • 25,000円

自分の好きな額に設定する事は出来ないので、この6種類の中から金額を選択します。
※20,000円のamazonギフト券は、セイコーマート・ワンダーグー・デイリーヤマザキでは取り扱い無し。
有効期限は、発行日から10年です。

カードタイプのamazonギフト券や、バリアブルカードは店頭で売り切れる可能性があります。
せっかくamazonギフト券を購入したかったのに、購入できなかったらショックですよね。
そんな時に、このシートタイプは売り切れるという事が無いのでいつでも確実に購入する事ができます。

1-2:購入可能店舗

amazonギフト券シートタイプはコンビニエンスストアで購入する事が可能です。
取り扱いのある店舗を紹介しましょう

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • サークルケーサンクス
  • ミニストップ
  • セイコーマート
  • デイリーヤマザキ
  • ワンダーグー

1-3:購入方法

マルチメディア端末って、どうやって操作したらいいか分からない…

そんな方の為に、5STEPで操作方法を解説しましょう。
まず、マルチメデイア端末とは以下画像の様な機械です。一度は見た事があるのでは無いでしょうか。

大体のコンビニエンスストアの入り口付近に設置されています。
このマルチメディア端末を使って、amazonギフト券シートタイプを購入する事が可能です。
今回は、セブンイレブンで購入するときの操作方法を紹介します。

STEP1:プリペイドサービスをタッチ!
マルチメディア端末に付いている画面の、「プリペイドサービス」をタッチしましょう。

STEP2:電子マネー・音楽・動画をタッチ
「電子マネー・音楽・動画」をタッチしましょう。

STEP3電子マネーをタッチ

STEP4amazonギフト券をタッチ

STEP5:画面の指示に従って操作します。

操作自体は、画面をタッチしていくので簡単です。
もし操作方法で不明な点があれば、セブンチケット コールセンターに電話をして聞いてみましょう。

セブンチケット コールセンター
0077-787-711 045-330-8711 8:00〜23:00(年中無休)

2:amazonギフト券種類

amazonギフト券シートタイプについて解説してきましたが
amazonギフト券って何種類あるか、ご存知ですか?
amazonギフト券の種類は全部で種類あるのです。

  • チャージタイプ
  • Eメールタイプ
  • 印刷タイプ
  • シートタイプ
  • カードタイプ

上記5つもの種類がamazonギフト券には存在します。
amazonギフト券は、誰かにプレゼントするイメージが強いです。
でもamazonギフト券の中には、誰かにプレゼントできないタイプがあります。
自分で購入して、自分が使う為のamazonギフト券です。
それは「チャージタイプ」のamazonギフト券になります。

シートタイプ以外にもamazonギフト券は4つも存在するのです。
自分がamazonギフト券を購入し、自分で利用するのか誰かにプレゼントするのかによって購入するタイプは異なってきます。

そんな様々な種類のあるamazonギフト券ですが、タイプごとに紹介しましょう。

2-1:チャージタイプ

チャージタイプのamazonギフト券は、自分で購入し自分で利用する為のamazonギフト券です。
金額は15円から50万円まで1円単位で設定する事が出来ます。
チャージタイプのamazonギフト券は、購入し支払いが完了すると自動的にアカウントへamazonギフト券が登録されるのです。(他のamazonギフト券は自分自身で、登録手続きを行わないといけません。)
チャージタイプのamazonギフト券の有効期限は10年間あります。
また、チャージタイプのamazonギフト券は現金チャージをする度にamazonポイントが付与されるのです。
チャージ金額に応じてポイント付与率は変動しますが、プライム会員なら最大2.5%ポイントが付与されます。

もしも自分で利用する為にamazonギフト券を購入するのであれば、チャージタイプのamazonギフト券が1番オススメです。

2-2:Eメールタイプ

Eメールタイプのamazonギフト券は、自分で利用する事も、誰かにプレゼントする事も可能です。
金額は15円から50万円まで1円単位で設定する事が出来ます。有効期限は10年間です。
Eメールタイプのamazonギフト券は、購入した後に通常5分程度で指定のメールアドレスへギフトコードが届きます。1年先まで送信予約をする事も出来ます。

誰かにプレゼントするのであれば、一番気楽にプレゼントできる方法でしょう。

2-3:印刷タイプ

印刷タイプのamazonギフト券は、今すぐプレゼントを手渡ししたい!と思った時に最適かもしれません。
シートタイプのamazonギフト券と間違えてしまいそうですが、印刷タイプのamazonギフト券はご自宅で印刷する事が出来ます。金額も15円〜50万円まで1円単位で設定する事が可能です。有効期限は10年あります。注文完了後、登録メールアドレスにメールが通常5分程度でメールが届くのです。
「注文の詳細を確認する」というボタンがメールに貼られているのでクリックし、マイページにログインをします。印刷タイプのamazonギフト券がPDFで貼られているので、そのPDFを印刷して完了です。

2-4:カードタイプ

カードタイプのamazonギフト券は、販売店で購入可能です。
販売店で購入できるタイプは、カードタイプとシートタイプのみになります。
金額はオンラインタイプと違い自分で設定する事は出来ません(バリアブルは可能)
3000円・5000円・10000円・20000円の中から選び購入可能です。
(バリアブルカードは1500円から50000円の間で1円単位の金額指定可能。)

有効期限は10年になります。カードタイプは現金で購入する事が出来ます。
クレジットカードを利用したく無い人には、最適でしょう。

まとめ

amazonギフト券シートタイプについて解説してきました。
実は人気のあるシートタイプです。急にamazonギフト券を購入しなければならなくなった時などに
販売店のマルチメディア端末で購入できるのは便利ですね。

金額は指定できませんが、売り切れる事が無いという所が強みではないでしょうか。
amazonギフト券には5つの種類が存在します。
自分の用途にあった、amazonギフト券を選び購入しましょう。