「amazonギフト券って、お釣りが出るのかな…」

主なデパート等で利用する商品券は、お釣りが出ませんよね。
いざ、amazonギフト券を使おうと思ったが「あれ?お釣りって出るの?」と不安になると思います。
amazonギフト券はお釣りが出るのです!!

amazonギフト券のお釣りは、現金では貰う事が出来ません。
では何でお釣りが貰えると言うと、amazonギフト券残高入るのです。
その残ったamazonギフト券残高は次回の商品購入時に、利用する事が出来ます。

今回は、amazonギフト券のお釣りについて紹介しましょう。

 

1:amazonギフト券はお釣りが出ます。

amazonで買い物をした時、例えば¥10,000円の商品を購入するのにamazonギフト券が¥12,000ありました。
購入したら、¥2,000の余りが出るので残った¥2,000分はamazonギフト券残高に入るのです。
次回の商品購入時に、利用する事が出来ます。

1-1:残高有効期限の確認

商品購入時に余った、amazonギフト券残高には有効期限があります。
有効期限が切れてしまうと、その余った残高は利用出来なくなるので注意が必要です。
有効期限の確認方法を紹介しましょう。
まずは、amazonへアクセスしログインして下さい。

(1)画面丈夫の「ギフト券」をクリックしましょう

image001

 

(2)「ギフト券残高」をクリックしましょう

image002

 

(3)下画像の様に、残高分の有効期限が表記されています。

image003

 

有効期限の確認は、たったの3クリックで確認する事が出来るので、有効期限はこまめに確認する様にしましょう。

amazonギフト券の有効期限が変更になった事は、ご存知ですか?

2017年4月に有効期限の変更がありました。
2017年4月24日以降に発行されたamazonギフト券は一律で、有効期限が10年です。
「あら、有効期限が伸びたのなら未だ大丈夫ね」と安心するのは未だ早いかもしれません。
2017年4月24日以前に発行された、amazonギフト券は以前の有効期限のままです。
有効期限を確認しておきましょう。

  • チャージタイプ:1年
  • Eメールタイプ:1年
  • カードタイプ:1年
  • シートタイプ:3年
  • 法人向け2年

こまめに有効期限を確認して、利用期限が過ぎてしまわない様に気をつけて下さい。

 

2:amazonギフト券残高と併用する4つの方方法

amazonギフト券残高が例えば¥6,000で¥10,000の商品を購入したい時ってありますよね。
そんな時、「amazonギフト券では商品購入出来ないのか…?」

そんな事はありません。amazonギフト券と、他の支払い方法と併用すれば商品購入する事が可能です。
その方法は4つあります。

  • amazonギフト券をチャージする
  • クレジットカードと併用する
  • コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネーと併用する
  • 代金引換と併用する

この4つの方法を利用すれば、例えばamazonギフト券を使い切りたいと時や残高が足りない時に利用する事が出来ます。その4の方法について紹介しましょう。

2-1:amazonギフト券をチャージする

これからも、amazonを利用するのであれば一番オススメな方法はamazonギフト券をチャージする事です。
amazonギフト券をチャージするメリットは3つあります。
(1) 現金チャージでポイント獲得
(2) 支払い時の手数料がかからない
(3) 支払い時の手間がかからない

この3つがメリットです。
●まず1つ目は、amazonギフト券を現金チャージすると最大2.5%のポイントを獲得する事が出来ます。
例えば、¥10,000分のamazonギフト券をチャージしたら250P最大で獲得する事が可能です。
獲得したamazonポイントは1P=1円で商品購入時にお値引きとして利用する事が出来ます。

●2つ目は、amazonギフト券での商品購入時に手数料がかからないという事です。
代金引換等を、利用すると確かにクレジットカードを使いたくない人にとっては便利なサービスですが代引き手数料という物が発生します。
主な運送業者の代引き手数料を紹介しましょう。

購入金額代引き手数料(税抜)
〜¥9,999¥300
〜¥29,999¥400
〜¥99,999¥600
〜¥300,000¥1,000

代引き手数料を、安い・高いと感じ方は人それぞれですが何回代金引換を利用していると結構な額になります。そういった手数料を抑える事が出来るのがamazonギフト券支払いです。

●3つ目は支払いの手間がいりません。毎回コンビニに代金を支払いに行くのは面倒ではありませんか?
大半の人は面倒だなと感じるはずです。amazonギフト券ならチャージしておくだけで商品購入時に自動的に残高から支払う事が出来ます。さらに、amazonギフト券決済の場合、クレジットカード以外の支払い方法の中で最も決済確認が早く取れるので、その分商品発送も早く手続きに入る事が出来るのです。
商品を早く受け取りたいのであれば、時間短縮にもなります。

今後もamazonで買い物を続けるのであれば、一番のオススメはamazonギフト券をチャージする事です。

2-1-1:amazonギフト券チャージ方法

アカウントにログインし、ギフト券をクリックしましょう。
画面が切り替わったら、少し下の方にスクロールすると以下画面が表示されます。

image004

 

「チャージ」を選択しましょう。画面が切り替わったら、金額を選択・もしくは入力(¥15円〜¥50万まで1円単位で設定可能)して下さい。

image005

 

その後は、支払い方法を選択するだけです。

2-1:クレジットカードも併用可能

amazonギフト券の支払い差額分をクレジットカードと併用する事も可能です。
クレジットカードとの併用方法は、支払い選択の際にクレジットカードと、amazonギフト券の項目にチェックを入れましょう。amazonギフト券の支払いで足りない分がクレジットカードで請求されます。

image006

 

2-2:コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネーも併用可能

amazonギフト券の支払いと、コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー支払いを併用する事も可能です。
コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー支払いの場合も、支払い方法の選択時にチェックを入れましょう。

image007

 

2-3:代金引換と併用

amazonギフト券の支払いと、代金引換支払いを併用する事も可能です。
代金引換支払いの場合も、支払い方法の選択時にチェックを入れましょう。

image008

 

代金引換支払い時は、代引き手数料がかかるので料金が以下の様に変わってきます。

image009

 

この場合は、¥25180の商品購入時の料金詳細です。
amazonギフト券で¥5,902引かれていますが、代引き手数料が¥324かかります。
代金引換支払いにすると、確かに便利です。ですがその都度、無駄な手数料を取られてしまいます。

手数料なども考えて、支払い方法を選択しましょう。

 

3:amazonポイントも併用可能

amazonで獲得した、amazonポイントもamazonギフト券と併用する事が可能です。
amazonポイントは1P=1円で、お買い物に利用する事が出来ます。
支払い方法の選択時に、amazonポイントにチェックを入れましょう。

image010

 

※携帯決済とamazonポイントとの併用は出来ません。
※amazonギフト券が優先になるので、残高内での利用時にamazonギフト券とポイントとの割合変更は出来ないのです。

まとめ

amazonギフト券でお釣りは出るのか?

上記について、詳しく解説してきましたがamazonギフト券はお釣りが出るのです。
しかし、現金としてのお釣りではなくamazonギフト券残高へ残ります。
その残った残高は、次回のお買い物の際に利用する事が可能です。
残高が足りない時は、他の支払い方法やポイントと併用して支払う事が出来ます。

残高が足りない時の、一番オススメな方法はamazonギフト券をチャージする方法です。
もしも、今後もamazonを利用するのであればamazonギフト券をチャージして利用するのはいかがでしょうか。

商品券の様に、お釣りが出ないのでは?と不安に感じることはありません。
お釣りはきちんとamazonギフト券残高へ入るので、次回の買い物時に利用しましょう。