amazongoogleimgl4451_tp_v

 

Amazonは老若男女問わず利用していない人はほとんどいないと言われるほど、浸透しています。全世界を含めると、天井知らずのごとく利用者は増加中です。お金さえあれば、Amazonで買えないものはほとんどないと言われていますが、現物を見ないと不安を抱くという人も多くいます。

しかし、Amazonで売られている商品の現物を見る方法があり、どのような方法で現物を見るのかについて解説していきます。

 

なぜAmazonで売られている商品を現物で見たいのか?

Amazonは日本最大にして世界最大のインターネット通販サイトであることは言うまでもありません。どの通販サイトでも言えることですが、現物を見ないと不安でたまらないという人はいます。

なぜ現物を見ないと不安なのか、その理由を次に挙げて解説していきます。

高額商品だから

どの商品のカテゴリーにも言えることですが、数万円以上する高額商品の購入には勇気がいるといっても過言ではありません。ユーザー達が一番の不安を抱いているのは、アフターサービスです。

通常、商品に不備があった場合、購入した店舗に問い合わせ、その商品と保証書などと交換するのが一般的ですが、Amazonなどインターネット通販サイトはそういきません。通販サイトで返品をする場合は、自分で発送手続きして、送料を自分で負担しなければならないからです。

しかし、Amazonの場合は、ほとんどの分野の商品を扱っており、対応方法も商品カテゴリーによって異なります。とくに注目してほしいのは家電製品で、この部分に関しては慎重にならなければならない部分でもあります。

なぜかというと、見た目だけで購入して後悔する人が多い傾向にあるからです。家電製品については後述で解説しますが、高額商品を購入する以上は注意が必要です。

商品が機械関連だから

機械関連といっても様々ですが、この場合は家電製品を中心に解説していきます。家電製品を購入するときは大抵、保証書というのが添付されますが、それは直接店舗に足を運んで購入していればの話です。

インターネット通販サイトのほとんどの場合、初期不良などが理由で返品は可能ですが、多くの場合はアフターサービスが対応不可となっています。アフターサービスの意味を簡単に説明すると、購入した商品の保証や修理などを行うサービスで、そのサービスを販売者が購入者に提供するというものです。

仮に通販サイトがアフターサービスを行う場合は、結局は新しい同じ商品を送るしかありません。とはいえ、この方法はどの店舗でも行っており、修理済みの商品をリファービッシュ品として市場各地に出回っています。

なぜリファービッシュ品として市場に出回っているのかというと、このままだと売れないから修理して、少しでも利益を上げるためではないかと、筆者は考えています。

話しを戻しますが、機械関連の商品を選ぶときは慎重にならなければならず、それが高額商品であれば、なおさらです。

本物か偽物かを見極めるため

実はAmazonは本物だけでなく偽物が多く出回っています。例えば、高級ブランド物ですが、正規輸入品とかアウトレットとか本物と記載されているのがほとんどで、これらは偽物と判断してもいいでしょう。

本物の高級ブランド物がほしい場合は、その高級ブランド物を扱っているお店に直接足を運んで購入したほうが安全です。とはいえ、Amazonは偽物の出品は厳禁であるため、安全性は高いのですが、すべて防ぐことはできないのが現状でもあります。

 

Amazonの商品の現物を見るのは不可能だが可能とする対策法がある

Amazonの商品を現物で見ることはできないかと思う人はいるかもしれませんが、見るのは不可能です。Amazonの倉庫に行けば見せてもらえると思っても、やはり不可能です。見られるのは、Amazonの倉庫で働いている従業員になりますが、従業員も忙しいので、事実上は不可能でもあります。

しかし、現物で見る方法があり、共通するのは商品そのものを見ることで、商品が見たい場合はAmazonでなくても、その商品が売られている店舗に足を運べばいいということです。どのような方法で現物を見られるのかを詳しく解説していきます。

ショールーミングという購入方法となる

ショールーミングとは、実店舗で売られている商品を見て、インターネット通販で売られている商品を購入するというスタイルです。価格だけ見ればインターネット通販のほうが安いので、商品だけを確認して通販サイトで購入するユーザーが多いです。

この方法であれば、商品を現物で見ることができるのですが、当然ながらデメリットがあります。それは、なにかあったときの保証です。家電量販店などで家電を購入するときは必ず保証書が付きます。この保証書があれば、不備があった商品を新しいものに交換できるというものです。

保証については説明しましたが、いくら価格が通販のほうが安くても、その後のことを考えたユーザーは地元の家電量販店で買うことを選ぶと予想されます。しかし、ショールーミングそのものが、ユーザーにとっては良い方法でも、自営業者からすれば面白くありません。

なぜかというと、売れないからです。ただでさえ、自営業者は大手の店舗に勝てないのに、その状況下にショールーミングをユーザーにされたら、赤字になる可能性が大きくなります。

意外にもこの問題が知られておらず、それどころか、ショールーミングをチャンスと考えている企業が数多く存在します。理由は、その店舗がインターネット通販を開設しているからです。

仮に現物が売れなくてもインターネット通販が利益を上げてくれるので、企業にとっては大助かりです。自営業者の中にもインターネット通販を開設しているところもあるので、ショールーミングを受け入れるか受け入れないかは、自営業者次第でもあります。

話しを戻しますが、商品そのものを見て確認するのなら、ショールーミングという方法がおすすめです。

雑誌やカタログを見て購入する

すべてが現物で確認できるとはかぎらないので、お店やメーカーなどからカタログを取り寄せるしかありません。カタログの内容はカテゴリーによって異なりますが、家電であればスペックとか、家具であれば寸法など、細かいことが記載されています。

とはいえ、雑誌やカタログがなくても、インターネットで商品に関連するものを検索すれば出てきますが、その存在自体を知らないユーザーもいます。雑誌やカタログはある意味、インターネットより強い部分があるので、デジタル思考の強い人でも重宝しているということです。

Amazonに関連する雑誌やカタログでも同様ですが、どのようにして検索して購入すればいいのかというと、商品に記載されている名前と型番です。型番を知ることがもっとも重要ですが、名前を知ることも大切でもあります。なぜなら、これらを知らないと検索できないからです。

検索ができないということはAmazonで商品を買えない、例え検索できたとしてもかなりの時間を要する、などの制約が出てきます。だからこそ、名前と型番を知ることが、購入の効率化を図るということです。

 

現物を見てからAmazonで買うことについての注意点

商品そのものを現物で確認してから購入することは理解しましたが、色々と注意しなければならない点がいくつかあります。その注意点を次に挙げて、詳しく解説していきます。

ショールーミングでの冷やかしは厳禁

ショールーミングは店頭価格と通販価格を比較して、安い通販価格を提示している商品を購入するのは説明しましたが、冷やかしは厳禁です。大きな家電量販店でならまだしも、自営業者が経営している小さなお店であれば、マナーとして最悪だからです。

地元であれば、なおさら行きづらく、ショールーミングが目的だと知られたら、出入り禁止になり兼ねません。とはいえ、ユーザーもお客様なので可能性は低いのですが、自営業者からすれば、面白くないということです。

それだけでなく、経営者を含む従業員の間で噂になり、自分にとって気まずい雰囲気になって、ますます店に出入りしづらくなります。

型番を間違えないこと

商品を確認したのはいいが、型番を間違えて違う商品が来てしまったという話もたまに聞いたことがあります。その商品で満足できれば幸いなのですが、そうではない場合は返品して交換するしかありません。

Amazonで返品や交換は可能ですが、未開封や初期不良などにかぎり、さらにAmazonが直接販売した商品であればスムーズに進みます。なぜなら、Amazonには返品受付センターがあるからです。

しかし、出品者がAmazon以外であれば難しく、直接出品者と交渉しなければなりません。Amazonマーケットプレイスの出品者であれば返品は可能ですが、交換は受け付けないと、公式サイトで記載しています。

あまり急いでいないという人は良いのですが、急いでいるという人は、オークションサイトに購入した商品を出品して、現金に換えたほうが効率良いと思われます。

Amazonなどインターネット通販の怖いところは、間違いだけで多大な時間を浪費してしまう可能性があるというところです。

多少高くても本物を選ぼう

Amazonユーザーの中には、価格面だけを見て偽物を選ぶという人はたくさんいます。偽物でも使えればいいというのであれば問題はないと言えるかもしれませんが、偽物では真似できないという点があります。それは、性能です。

iPhoneの充電ケーブルを例えて説明しますが、実はその充電ケーブル「ライトニングケーブル」に偽物と本物があります。偽物は100円ショップで売られているようなもので、最初は充電できても、後から充電ができないようになることが多いです。

一方、本物は認証チップが内蔵されており、そのチップが認識しているので、どのようなアップデートでも対応できます。認証チップが内蔵されているのは、純正品だけでなく、Appleの認証を受けた「MFi認証」の製品です。

認証を受けたケーブルは純正品より安いのですが、純正品と同様に使用できるので本物となります。つまり、筆者が言いたいのは、ユーザーは価格ではなく性能で選ぶということです。

理由は、使えない偽物は、いくら安くても使えないからです。安く買いたい気持ちはわかりますが、本物に勝るものはないので、多少高くても本物を選ぶようにしましょう。

現物のほうが安い場合もある

Amazonと店舗で売られている商品の価格についてですが、実は店舗のほうが安い場合もあります。商品自体がAmazonのほうが安くても、送料のことを考えれば、先ほど申した通りとなるわけです。

注目してほしいのは、Amazonで売られている500円以下の商品です。価格が安いのは魅力ですが、店舗で購入したほうが効率がよいと考えています。なぜ効率がいいのかというと、安い商品そのものに送料をあえて高くしている場合があるからです。

Amazonに限ってその可能性はあり得ませんが、あり得るのは、Amazonマーケットプレイスの出品者を除くAmazon出品者です。いくら安くても、送料が高ければ話になりません。

大型商品であれば納得はいきますが、定形外郵便でも送れるような小型商品であればなおさらです。定形外郵便で送ってくださいと問い合わせても、商品を安全に届けるためという理由で聞き入れてもらえないのがほとんどでもあります。

なぜ定形外郵便で発送するという考えはないのかはわかりませんが、高い送料を請求して自分の利益にしようと考えています。

化粧品のほうがもっとも注意すべきである

女性にとって化粧品はなくてはならない存在と言えますが、注意すべきなのは、肌に合うかどうかです。その考えを持たず、肌に良いからという理由で購入して、使用してから時間が経過すると肌トラブルを招くおそれがあります。

Amazonで購入する前に、まずはドラッグストアなどで化粧品の効果を確かめてから購入し、何も問題がなければ同じ商品をインターネット通販で購入したほうが、もっとも安全だと考えているからです。

 

Amazonの商品を現物で確かめてから購入したほうが安全と言える

Amazonは魅力ある通販サイトで、利用したことがないという人はほとんどいないと言われるほど浸透しています。しかし、近くの店舗で現物を確かめてから、同じ商品を購入する手がありますが、この方法は自営業者にとっては面白くないと言えるでしょう。

しかし、化粧品などの分野に関しては、現物で確かめてから購入したほうが確実であるのは事実です。その化粧品が自分の肌に合わず、肌トラブルを招く可能性があるからです。

また、Amazonで売られている商品が送料を含めて、地元の店舗などで売られている商品より高いことがあります。値段があまり変わらなかったら店舗で直接購入したほうがいいのですが、大量購入するなら、Amazonがおすすめだということです。

理由は、大量購入すると合計金額が高くなり、その合計金額が2,000円以上になれば、送料無料なるからです。