• 1500円のamazonギフト券は販売していないのか?
  • コンビニエンスストアで販売しているamazonギフト券は3000円からしか見た事が無い。

amazonギフト券の購入を考えている時、額面がいくらからなのか気になりますよね。
一番低い額を知っておけば、購入もしやすくなるはずです。

amazonギフト券は最低15円から購入可能ですが、オンライン限定になります。
コンビニエンスストアで購入可能な、amazonギフト券は1500円から購入可能です。
コンビニエンスストアで購入する1500円のamazonギフト券は、カードタイプのバリアブルカードになります。

今回は1500円で購入可能なamazonギフト券を紹介しましょう。

1:1500円で購入可能なamazonギフト券の種類

amazonギフト券の購入を考えているけれど、1500円のamazonギフト券を見た事が無い!

大体コンビニエンスストアで販売されているamazonギフト券は3000円のタイプしか見た事が無いですよね。
金額が高いと購入するのをためらう事があるかもしれませんが、低価格からでも購入できるとなると「買ってみようかな」と思いますよね。低価格から購入できるamazonギフト券は4種類あるのです。

  • バリアブルカード
  • チャージタイプ
  • Eメールタイプ
  • 印刷タイプ

今回は低い額面から自分で設定できるamazonギフト券を4種類紹介しましょう。

1-1:バリアブルカード

バリアブルカードとは、コンビニエンスストアで購入できるカードタイプのamazonギフト券です。
1,500円〜50,000円までの金額を1円単位で設定する事が出来ます。
購入方法は、コンビニエンスストアでバリアブルカードを購入するだけです。
購入時に、自分がamazonギフト券に入れたい額をレジの店員に伝え支払います。

金額指定可能なamazonギフト券の中で唯一、店頭で買えるamazonギフト券です。
店頭で購入出来て、現金で購入するので手軽さはありますね。
しかしバリアブルカードは、店頭で販売している商品なので売り切れの場合もあるのです。

気軽に購入できる気軽さは断トツかもしれません。

1-2:チャージタイプ

チャージタイプは、オンラインでのみ購入可能なamazonギフト券です。
このチャージタイプは完全に自分用のamazonギフト券で、人にプレゼントする事は出来ません。
金額は15円〜50万円まで1円単位で設定可能です。
このチャージタイプは、支払い完了後に自動的にアカウントへ登録されます。
他タイプのamazonギフト券は、自分で登録が必要です。
自分用でamazonギフト券の購入を考えている方には、一番チャージタイプがオススメします。

オンラインで購入するamazonギフト券は店頭販売の様に、売り切れる事は絶対に無いです。
いつでも購入出来て15円から設定可能なのは、とっても便利ですよね。

1-3:E-メールタイプ

Eメールタイプはオンラインでのみ購入可能なamazonギフト券です。
Eメールタイプは、自分で利用する事もプレゼントする事も出来ます。
金額は15円〜50万円まで1円単位で設定可能です。
指定のメールアドレスに、amazonギフト券が送られます。
通常5分以内にメールが届き、最長1年先まで送信予約をする事が可能です。
誰かにプレゼントするタイプだとEメールタイプをオススメします。

1-4:印刷タイプ

印刷タイプはオンラインでのみ購入可能なamazonギフト券です。
「印刷タイプは急遽プレゼントが必要になった、手渡ししたい!」
そんな時に、ご自宅のプリンターもしくはコンビニエンスストアのプリンターから印刷をするamazonギフト券になります。金額は15円〜50万円まで1円単位で設定可能です。
注文から約5分程度で登録メールアドレスへPDF形式で送られてきます。
手渡しで渡したい時にオススメのamazonギフト券です。

2:amazonギフト券の登録

自分用で購入したamazonギフト券はアカウントへの登録が必要です。
登録をしないと、amazonで利用する事は出来ませんので注意しましょう。
「登録といっても方法がわからない!」

そんな方の為に、登録方法をご紹介します。

2-1:amazon.co.jpへアクセス

amazonへアクセスしサインインしておきましょう。
アクセスしたら「ギフト券」をクリックして下さい。

2-2:「アカウントに登録」をクリックしましょう!

2-3:コードを入力しましょう。

「アカウントに登録」を選択したら下記画面になります。

上記画面になったらamazonギフト券のコードを赤枠へ入れて登録しましょう。
登録が完了すると「追加されました」と以下画像が表示されます。

登録が完了すれば、あとは商品購入時にamazonギフト券残高から自動的に支払いされるのです。
その後に行っていただく手続きはありませんので、登録さえすれば利用できます。

3:amazonギフト券4つのメリット

amazonギフト券を低価格から自分で設定できると、amazonギフト券も購入しやすいですよね。
「でも、実際の所プレゼントするなら分かるけれど自分で利用する意味はあるのかな?」
そう思っていらっしゃる方が多いと思います。amazonギフト券は自分で使った方が、断然オススメです。

amazonギフト券を利用して、amazonで買い物をすると沢山のメリットがあります。

  • チャージする度ポイントゲット
  • 取り扱い手数料なし
  • 支払いの面倒さが軽減、時間短縮
  • 使いすぎ防止

私が実際に利用してみて感じたメリットです。
amazonギフト券を利用して感じた4つのメリットを紹介しましょう。

3-1:チャージする度ポイントゲット

amazonギフト券のチャージタイプは現金チャージする度に最大2.5%のポイントをゲットする事が可能です。
amazonで買い物する為に、amazonギフト券にチャージするだけでポイントが貰えるなんて素晴らしいシステムだとは思いませんか?

ポイント付与率は、チャージ額と会員によって変わってきます。
わかりやすい様に表にして紹介しましょう。

1度のチャージ額プライム会員通常会員
5,000〜19,999円1,0%0,5%
20,000〜39,999円1,5%1,0%
40,000〜89,999円2,0%1,5%
90,000円以上2,5%2,0%

プライム会員だと、ポイントの付与率もさらに上がります。

3-2:取り扱い手数料なし

amazonギフト券で購入すると、取り扱い手数料がかかりません。
商品を購入する金額だけamazonギフト券で支払えばいいのです!
普段、代金引換で代引き手数料を取られていませんか?
amazonギフト券で購入すれば、今まで取られていた手数料が取られなくて済みます。
節約にもつながるのです。

3-3:支払いの面倒さが軽減、時間短縮

支払いの時に、クレジットカードを使いたく無い時にはコンビニやATMで振込みをしていませんか?
正直面倒ですよね。振込み完了の確認までも時間がかかるし、何より面倒だと感じていました。

ですが、amazonギフト券で購入した場合はどうでしょうか。
amazonギフト券で商品を購入すれば、わざわざ支払い手続きをしないで済みます。
amazonギフト券は、クレジットカード払い以外の支払い方法の中で一番支払い確認が早く取れる支払い方法です。その為、発送手続きに早く入る事ができ商品のお届けまでの時間も短縮する事ができます。

3-4:使いすぎ防止

amazonギフト券には自分が決めた一定額しか入っていません。
残高もページを開く度に表示されるので、自分が今どのくらい使っているか直ぐに確認する事が可能です。
ネットショッピングはついつい買い物を沢山してしまいます。
1ヶ月に利用する金額を決めてチャージしておけば、使いすぎ防止にもなるのです。

まとめ

1500円のamazonギフト券は販売していないのか?

amazonギフト券っていくらから購入する事が出来るのか…
1500円程度のamazonギフト券は販売していないのか…

今回は、上記の様な疑問に観点を置き解説してきました。
結論として、amazonギフト券は15円から購入可能です。
店頭販売タイプだと、バリアブルカードという種類のamazonギフト券が1500円から購入可能です。

紹介してきた

  • バリアブルカード
  • チャージタイプ
  • Eメールタイプ
  • 印刷タイプ

この4つのタイプのamazonギフト券は、1円単位で金額を設定する事ができます。
低価格から購入する事が可能なamazonギフト券を一度試してみてはいかがでしょうか。