贈り物の1つとして定着してきたギフトカード。
そのギフトカードは今や、商品券や図書券、おこめ券などに限らず、アマゾンギフト券やiTunesカードなどのオンライン商品券も一般的になってきました。
しかし、そのアマゾンギフト券やiTunesカードはどんなカードなのか、どう使うのか、そして買い取ってもらう際の買取率はどうなっているのかについて、ご存知でない方も多くいらっしゃるでしょう。
今回はそんな疑問について、わかりやすくご紹介させていただきます。

何でも買える!それがアマゾンギフト券

アマゾンギフト券は、インターネット通販の大手である「Amazon」が発行するオンライン商品券のことを指します。
Amazonのショップ内では、日用品や食品、雑貨、書籍、家電に至るまで様々な物を購入することができます。扱う商品が非常に広範囲であることから、「Amazonさえ使っていれば家に出る必要はない」と言われるほどです。その言葉通り、Amazonには生活に必要な物が何でも揃うといっても過言ではなく、アマゾンギフト券は非常に使い勝手の良いギフトカードと言えるでしょう。

冒頭でも取り上げたような商品券(従来型)だと、決まったお店でしか使うことができません。これはアマゾンギフト券でも同じことが言えるかもしれませんが、やはり購入できる商品の範囲の多さの点でアマゾンギフト券の方が便利です。

Amazonというと若い方が使うようなイメージも多いかもしれませんが、現在ではその年齢層が広がってきており、世界中で多くの方が利用しています。そのため、アマゾンギフト券も贈り物として重宝されるようになってきました。

より充実したスマホライフを送るならiTunesカード

iTunesカードはiTunesストアやAPPストア内で販売されている音楽や有料のアプリ、ゲーム内の課金アイテムなどを購入することができるオンライン商品券です。
iTunesストアやAPPストアは、基本的にiPhoneユーザーしか利用することができません。しかし、日本でiPhoneユーザーは常に60~70%あたりを推移しており、非常に多くのユーザーが存在することがわかっています。iPhoneユーザーが一気に増え始めたのは、2013年9月にdocomoがiPhone5sの取り扱いを始めたのが転機とされています。

iPhoneでは非常に多くの音楽やゲームなどをダウンロードして楽しむことができます。
特に日本ではスマートフォンを使ったゲーム市場も活況であることから、「iPhoneを使って皆でゲームをする」、「ゲーム内で課金をしてもっと楽しくプレーする」というユーザーも多い傾向にあります。
それがゆえに、音楽を購入することや課金をしてゲームをするために、iTunesカードを使うというのは至極普通のことになってきました。

前述のアマゾンギフト券に比べれば、若い方が使用していることが多く、贈り物としてだけでなく、自分のために購入する方も多いのが特徴です。

アマゾンギフト券やiTunesカードを放置するのはなぜ?

非常に便利で多岐にわたって使うことのできるアマゾンギフト券とiTunesカード。
しかし、便利でも使わずに放っておいてしまうという方もいらっしゃるようです。とても軽く薄いがゆえに、「どこかの隙間に入って無くしてしまったまま」という方も…。一体、それはなぜなのでしょうか。その主な理由を2つ見ていきましょう。

・インターネットでお金を使うのが怖いから

アマゾンギフト券にしても、iTunesカードにしても、インターネット上でお金を支払う際に使用するものです。そしてiTunesカードの場合は受け取る商品に形はなく、言ってみればデータ(音楽・課金アイテム)を受け取ることになります。
これは日本人の国民性なのかもしれませんが、「インターネットや実体のない物にお金が絡むのは怖い、怪しい」というイメージを持ってしまいがちです。
そのため、アマゾンギフト券やiTunesカードをもらう機会があっても、なんとなく使うのにためらってしまい、使わないまま放置してしまうようです。

・商品は見てから買いたいから

特にこれはアマゾンギフト券に関して言えることかもしれませんね。
インターネット上のお買い物は商品の実物を見ることができないため、どうしても実際に届いた商品が元々のイメージと違うことがあります。衣料品などの場合だと、「サイズが違う」、「思っていた着心地や触り心地でなかった」ということもあるでしょう。
Amazonの商品では、商品の概要を事細かく説明しているケースも増えているものの、やはり商品は実物を見てから、あるいは触ってから買いたいという方は多くいらっしゃいます。

使わないアマゾンギフト券やiTunesカードは買取できるって本当?

アマゾンギフト券もiTunesカードもお金であることには変わりません。そのお金を眠らせておくのはもったいないですし、そのままだと現金でもないわけですから貯金として扱うこともできません。
そこで利用を考えていただきたいのが、「買取サービス」です。アマゾンギフト券やiTunesカードも、他の金券と同じように現金に換えることができるのです。

この時注意していただきたいのが、「買取サービスによって買取率が全く違う」という点です。
買取率が違えば受け取ることのできる金額に大きな差が出ます。

アマゾンギフト券の場合だと、多くのサービスは80弱であることが多いです。
iTunesカードの場合だと、70%弱であることが多いです。

アマゾンギフト券にしてもiTunesカードにしても、お金であることを考えれば、現金に換えるだけで20~30%近い金額をカットされてしまうのは、どうしたって損をした気分になってしまいますよね。

だからこそ、買取の際に注意していただきたいのは買取サービスをよく吟味していただくことなのです。インターネット上で検索をかけてみて、一番最初に見つけたサービスで買い取ってもらうのは少しお待ちいただければと思います。

買取ボブは業界でも最高レベルの買取率!

たくさんある買取サービスのなかでも、業界でも最高レベルの買取率を誇るのが「買取ボブ」です。
買取率は日々の為替などの相場変動により影響が出てしまい、その率は目まぐるしく変動します。そのため、多くのサービスは買取率を低く見積もりがちです。

しかし、買い取りボブはアマゾンギフト券の場合だと約90%を常に維持。しかも、初回の買取であれば91%もの買取率を保証しています。

他のサービスが約70%弱でしか買い取らないiTunesカードも、70%台後半を常にキープしています。

せっかくアマゾンギフト券、iTunesカードをお持ちなのであれば、できるだけ多くの現金を手にしていただければと思っています。

money-2696236_1280