買取申込はこちら


PAGE TOP

contact OPEN
CLOSE

MENU

ギフト券とは

ギフト券 KAITORIBOB ボブ

iTunesギフト券とは

iTunesカードってなんだろう?

iTunesカードとは、Appleが提供するiTunes StoreやApple Storeなどのオンラインストアで販売されているデジタルコンテンツや各種サービスの支払いに使える前払い式のプリペイドカードです。

iTunesカードがあればクレジットカードが無くても、簡単にネット上で支払いを行うことが出来て使い過ぎ防止などにも役立ちます。

そんなiTunesカードの使い方や、種類などについて詳しく紹介していきましょう。

iTunesカードとは

iTunesカード

iTunesカードとは、どんなプリペイドカードなのか詳しく解説していきます。
冒頭でもお伝えした通り、iTunesカードはAppleが提供するデジタルコンテンツなどの支払いに使えるプリペイドカードです。iTunesカードは、カードに記載されているコードをApple IDに登録する事で残高分支払いに使えるようになります。カード本体(実物)がないコードだけのiTunesコードもネット上で購入する事が可能です。

そんなiTunesカードは、どんなものなのか3つの事をお伝えします。

  • 金額はいくらから販売されているのか
  • 有効期限はあるのか
  • どこで販売されているのか

上記3つの事を詳しくお伝えしていきましょう。

販売されている金額

販売されている金額

iTunesカードはいくらから購入する事が出来るの?

iTunesカードは販売されている場所によって、売られている額面が異なります。
3つの販売場所に分けて、購入可能額について紹介していきましょう。

  • Apple公式オンラインストア
  • コンビニなど
  • 携帯会社のオンラインショップ

Apple公式オンラインストア

Appleのオンラインストアで販売されているiTunesカードは、タイプにより購入できる金額が大きく異なります。

  • 郵送で送られてくるカードタイプ
  • Eメールでコードと画像が送られてくるコードタイプ

郵送で送られてくるカードタイプは、¥3,000・¥5,000・¥10,000のみ販売されています。
Eメールで送られてくるコードタイプは、¥2,500~¥500,000までを1円単位で自由に設定し購入する事が可能です。より細かい金額で購入したい場合にはEメールのタイプがオススメになります。

コンビニなど

コンビニなどの、販売店で販売されているiTunesカードの金額は販売店により様々です。
多くのコンビニでよく見かける額面を紹介しておきます。

  • ¥1,500
  • ¥3,000
  • ¥5,000
  • ¥10,000
  • バリアブルタイプ(後述)

少額から購入する事が出来るので、コンビニでの購入はかなりオススメです。
バリアブルタイプについては、後程詳しく解説します。

携帯会社のオンラインショップ

Docomo・au・SoftBankの携帯オンラインショップで購入できる金額は5種類です。

  • ¥500
  • ¥3,000
  • ¥5,000
  • ¥10,000
  • バリアブルタイプ(後述)

有効期限について

iTunesカードって有効期限はあるのかな?
amazonギフト券などには有効期限がありますよね。
iTunesカードには有効期限が一切無いのです。
もちろんアカウントへ登録した後も、有効期限が発生する事はありません。

期限に追われることなく、自分のペースでiTunesカードを使用する事が可能です。

販売場所について

iTunesカードは、様々な場所で販売されています。
主な9つの販売場所について紹介しましょう。

  • Apple Store直営店
  • Apple公式オンラインストア
  • Amazon
  • コンビニ
  • 家電量販店
  • 携帯ショップ
  • スーパー
  • コストコ
  • ドン・キホーテ

iTunesコードは主に上記9つの場所で販売されています。
身近なお店で販売されているので、購入しやすいのも特徴です。

金額指定が自由にできる! バリアブルカードとは

バリアブルカード

iTunesカードの金額について1章で紹介してきましたが、バリアブルタイプってご存知ですか?
バリアブルカードとは、金額を指定範囲内であれば自由に設定する事の出来るiTunesカードの種類です。

コンビニなどの販売店で売られているバリアブルカードのタイプは、¥1,500~¥50,000までの範囲内であれば1円単位で金額を指定してiTunesカードを購入する事が出来ます。

1円単位で指定できるので細かい金額で「7,777円」の様な額面にする事も可能です。
レジ店員に、〇〇〇円で!と伝え金額を支払えば購入する事が出来ます。
購入したい額面が売り切れの場合にも、バリアブルタイプであれば金額を指定できるのでオススメです。

iTunesカード6つの使い道

iTunesカードって何に使えるのかな?

iTunesカードは主にAppleが提供するデジタルコンテンツの支払いに利用できます。
主にiPhoneやiPad・Macなどの端末から、利用できるコンテンツへの支払いで利用する事が可能です。
具体的にどんな使い道があるのか、iTunesカード6つの使い道を紹介します。

  • iTunes Store
  • App Store
  • Apple Music
  • Apple Books
  • LINE
  • Netflix

上記6つの使い道について詳しく紹介していきましょう。

iTunes Store

iTunes Store

iTunesカードはiTunes Storeの支払いに利用する事が可能です。
iTunes Storeでは主に音楽や映画を販売しており、購入した音楽や映画はApple端末から視聴する事が出来ます。音楽は一曲250円から販売されており、アルバムも購入する事が可能です。

映画は、購入だけでなく500円からレンタルする事も出来ます。
iTunesカードを登録しておけば、簡単に音楽や映画をワンクリックで購入する事が可能です。

App Store

App Store

App Storeでの支払いにもiTunesカードは使用可能です。
App Storeといえば、アプリをダウンロードしたり購入したりする事が出来ますよね。今では無料アプリもクオリティが高いものばかりですが、iTunesカードを登録しておけば有料アプリを購入する際にもスムーズに決済を完了する事が可能です。アプリ内課金の支払いにも勿論利用する事ができます。

Apple Music

Apple Music

Apple MusicはApple の音楽配信サービスです。
月額980円を支払えば、世界中の約5,000万曲が制限なく聴き放題になります。
そんなApple Musicの支払いもiTunesカードで行うことが可能です。

Apple Books

Apple Books

Apple Booksとは電子書籍アプリケーションです。
iPhoneやiPadなどから購入した電子書籍をいつでも読むことが出来ます。
Apple Booksで販売されている電子書籍の支払いも、iTunesカードで行う事が可能です。

LINE

LINE

日本人のほとんどの人が利用している、コミュニケーションアプリ「LINE」でもiTunesカードを使って支払いを行うことが可能です。LINEは基本的に無料で利用できるサービスですが、有料のスタンプ・着せ替え・絵文字などの支払いをiTunesカードで行う事が可能です。

Netflix

Netflix

iTunesカードは世界中で愛されているVODサービス「Netflix」の支払いに利用する事が出来ます。
Netflix以外の、Hulu等の支払いには利用する事が出来ませんがNetflixのみ月額料金の支払いにiTunesカードを利用する事が可能です。

iTunesカードの使い方

iTunesカードを使いたくなってきたけど、使い方がわからない!

iTunesカードの使い方はまず、ご自身のApple IDにiTunesカードを登録する必要があります。
登録さえ済ませてしまえば、あとはコンテンツを購入するだけです。
とても簡単に登録できるので、さっそく方法を紹介していきましょう。

  • ①Apple IDにiTunesカードを登録する
  • ②実際にLINEでスタンプを購入してみる

上記の順に紹介していきます。

Apple IDに登録する

iTunesカードをApple IDに登録していきましょう。
その前に、iTunesカードを準備します。

  • 1iTunesカードを用意する

  • 2台紙からはがす

  • 3銀色のスクラッチ部分をコインで削る
    カード裏面のスクラッチ部分を10円玉などでこすって、コードが見える状態にしておきます。

  • 4App Storeを開く
    ここからApple IDに登録していきます。
    iTunes Storeからも登録できますが、今回はApp Storeでの方法を紹介していきましょう。

  • 5画面右上のアイコンマークをクリックして開く

  • 6「ギフトカードまたはコードを使う」クリック
    画面上に登録するApple IDのアドレスが表示されているので、間違いないか確認します。
    間違いなければ「ギフトカードまたはコードを使う」をクリックしましょう。

  • 7「カメラで読み取る」選択
    iTunesのコードを登録します。
    「カメラで読みとる」を選択しましょう。
    カメラがうまくいかない場合には、その下にある「コードはキーボードでも入力できます」をクリックするとコードを手入力で打ち込む事も出来ます。

  • 8カメラをiTunesコードへ向けると、読み取りが開始される

  • 9Apple IDのパスワードを入力し「サインイン」をクリック

  • 10iTunesカードの登録が完了!
    以下画像の画面になれば、登録は完了です。
    Apple IDに1,500円分の残高が追加されました。

以上がiTunesカードの登録方法です。

LINEでスタンプを購入してみる

登録したiTunesカードで、どうやって支払いに利用するのか紹介します。
残高はすでにApple IDに入っているので、Apple IDのパスワードを入力すれば簡単に支払いに利用する事が可能です。実際にLINEでスタンプを購入してみましょう。

  • 1欲しいスタンプを選んで「購入する」クリック

  • 2「OK」クリック
    コイン(LINEでの残高)不足のため、チャージするか聞かれるので「OK」をクリックします。

  • 3足りないコイン分をクリック
    今回購入しようとしているスタンプは50コインです。
    あと40コイン足りないので、¥120の欄をクリックします。

  • 4「支払い」をクリック

  • 5Apple IDのパスワードを入力して「サインイン」クリック

  • 6購入完了

以上がiTunesカードでLINEスタンプを購入する方法です。
え?本当にApple IDから買えたの?とご不安でしょう。
残高を見てみると、確かに1500円から1380円に減っています。

Apple IDにさえ登録してしまえば、簡単に有料コンテンツを購入する事が可能です。
ぜひ参考にしてみて下さい。

残高の確認方法

iTunesカードをApple IDに登録したら、あと残高がいくらあるか確認したいですよね。
残高の確認方法を紹介します。
iTunesカードを登録した時のように、App Storeから確認する事が可能です。

  • 1画面右上のアイコンをクリック

  • 2画面中央に「Apple ID残高:¥〇〇〇」と表示される
    下記の画面で、残高が確認可能です。

どのくらい使っているか、すぐに確認する事が出来ます。

まとめ

iTunesカードについて詳しく紹介してきました。
iTunesカードは、Appleが提供するデジタルコンテンツの支払いに利用する事が可能です。
Apple IDに登録しておけば、クレジットカードが無くても簡単に支払いに利用する事が出来ます。
iTunes StoreやApp Storeだけでなく、普段利用しているLINEやアプリの内課金にも使えるのでぜひ参考にしてみて下さい。