MENU

お申込みはこちら
  • HOME
  • お金がないけど一人暮らししたい人向けの初期費用を抑える方法やお金を作る方法を紹介

お金がないけど一人暮らししたい人向けの初期費用を抑える方法やお金を作る方法を紹介

大学生や社会人になると親元を離れ一人暮らしをしようと考える人が多いでしょう。

初めての一人暮らしをするには結構なお金がかかります。そして、インターネットや不動産を通して新しい家を探して賃貸契約を結ぶ際に必要となってくるのが、初期費用と呼ばれるものです。

そこで、この記事ではお金がないけど一人暮らしをしたい人に向けて、一人暮らしの初期費用を紹介します。

一人暮らしの初期費用の平均費用とは?

物件の家賃にも左右されますが、平均的な額として賃貸契約を結ぶための費用が20万~30万、引っ越し費用として10万、家具家電をそろえるのに10万〜20万とかなり高額な費用が必要です。

賃貸契約に必要な費用としては、敷金・礼金、火災保険、仲介手数料などがあげられます。

一人暮らしでかかる費用とは?

一人暮らしでは、以下のような費用がかかります。

  • 敷金
  • 礼金
  • 火災保険
  • 仲介手数料
  • セキュリティー費用
  • 引っ越し費用
  • 家具・家電費用

敷金

敷金とは賃貸物件を借りる際に保証金として預けておく費用のことで、退去時に借主の義務となる「原状復帰」を行う際のクリーニング代などに使用されます。

家賃の1か月程度の場合が多く、部屋の状態がキレイでクリーニング等が必要ないと判断されれば戻ってくることも多いです。

礼金

礼金とは賃貸物件を借りる際に、大家さんに「謝礼」として払うもので敷金とは違い、謝礼として支払うので戻ってこない費用です。こちらも家賃の1か月程度の場合が多いです。

火災保険

火災保険は入居後に火災の被害に遭った場合の家具・家電や建物自体を守るためにも、入居時に加入することを条件としている物件がほとんどです。

年間で1万~2万ですが最初に1年分払うことになります。不動産の指定の火災保険に入ることを勧められますが、自分で選んだ保険に入ることも可能な場合があります。

仲介手数料

仲介手数料は物件を借りたのが貸主ではない場合、仲介手数料という紹介料を支払うのが一般的です。仲介手数料の上限金額は、賃貸の媒介に関して依頼者(貸主・借主)双方から合計で賃料の1.1ヶ月分までと決められています。

しかし、基本的には借主が家賃1か月分を支払うことがほとんどです。不動産で物件を探した場合には必ず発生しますが、同じ系列の不動産同士なら割引になることもあります。

セキュリティー費用

その他の費用としてセキュリティ面を考えて鍵交換を依頼する場合は大体1万円、防犯性の高いものであると5万円ほど費用がかかります。害虫駆除やクリーニングを依頼する場合も別途費用がかかることが多いです。

引っ越し費用

賃貸契約が済んで引っ越しをする際、知人や家族にお願いして手伝ってもらう方法もありますが、難しい場合は業者に頼むことになり費用がかかります。引っ越し料金は荷物の量、時期、距離によって変動するでしょう。

引っ越し業者は3月~4月が繁忙期であり予約をとるのに苦戦したり料金が高くなったりします。一人暮らしの場合荷物の量はあまり多くないと思いますので、引っ越しの時期と距離で料金が変わるでしょう。

近距離の引っ越しでは5万円ほど、県を跨ぐような遠距離の引っ越しの場合10万円を超えることもあります。

家具・家電費用

引っ越しが終わっても初めての1人暮らしの場合、生活に必要な家具家電を一からそろえる必要があります。家具家電、その他生活用品を買いそろえると10万~20万ほど必要となってきます。

この費用は抑えようとしてもどうしても必要で、最初にかかってしまう費用なので低く見積もることができません。これらをひっくるめると、初期費用は相当な額を準備していなければ一人暮らしは厳しいでしょう。

お金がない人が一人暮らしをするポイント

しかしお金がないけれども一人暮らしがしたい、もしくはしなければならない状況の人はどうしたらいいのでしょうか?

一番手っ取り早いのは家賃の安い物件に住むことですが、古かったり風呂なしだったりと条件は良くないと思います。

そこで、ここではお金がない人が一人暮らしをする時にポイントを紹介していきます。

敷金礼金のない部屋を選ぶ

お金がない人が一人暮らしをするポイントの1つとして、最近増えている敷金・礼金のかからない物件を選ぶことが挙げられます。

初期費用としての出費はなくなりますが、退去時の修繕や原状復帰、クリーニング代として請求されるので契約前に確認が必要です。

フリーレント物件を選ぶ

最近はフリーレント物件も人気が上昇しています。フリーレント物件とは入居後の家賃が一定期間無料になる物件で、貯金がない場合は非常に魅力的です。

ただし、一定期間の契約が条件で違約金が設定されているケースもあるので、条件をよく見て検討するべきです。

自分で火災保険に加入する

不動産では火災保険に加入することが入居条件の一つになっていますが、賃貸契約と火災保険契約は別のものですので、どの火災保険に入るかは自分で選ぶことが可能です。

そのため、不動産会社が指定する保険契約を締結しなければいけないということはありません。不動産会社指定の保険でなくても、自身の選んだ保険の補償内容を不動産会社に説明すれば良いので安い会社を選ぶといいでしょう。

不動産屋のオプションを外す

仲介業者が初期費用に入れるオプション項目として「24時間安心サポート」や「害虫駆除費用」などがあります。

これらの相場はそれぞれ2万円前後なので計4万ほど初期費用に含まれてしまいます。

このオプションはほとんどの場合が任意で加入するものであり、契約者が必要ないと判断すれば契約から外すことが可能です。これらのオプションはあると役立ちますが、その内容は火災保険でカバーされている部分もあるので重複になってしまうことも多いでしょう。

このように、初期費用をおさえる手立てはいくつかあるので自分に合った方法を選びましょう。

一人暮らしでお金がなくなった場合の対処方

引っ越しを終えて実際に一人暮らしを始めてみると予想しなかったものにお金がかかることもあります。

病気やけがで働けなくなって収入が減少または途絶えたり、冠婚葬祭費やそれに付随する旅費や雑費、賃貸の更新料、保険や住民税などの各種税金などがあげられるでしょう。

そこで、ここでは一人暮らしでお金がなくなった場合の対処方を紹介します。

不用品を売却する

お金が無くなった場合の対処法として一番手軽なものがフリマアプリなどで不用品を売ることです。

フリマアプリは利用している人は多く、状態のいいものや需要のあるものは出品したらすぐに売却することもできます

部屋を貸し出す

あまり知られていませんがアダルトビデオ業界などでは、普通の部屋で撮影をするために部屋を数時間貸して欲しいという依頼がある場合があります。

このように、一人暮らししている自身の部屋を数時間貸し出すことも選択肢のひとつです。

不要なギフト券を売却する

不用品売却や部屋の貸し出しで収入が得られればいいのですが、需要の有無によって左右するので確実な方法とはいいがたいところがあります。

そこで、確実にお金に換えられる方法としてギフト券の売却という方法があります。

もし引っ越し祝いなどでギフト券をもらいそれらが不要であれば売却してお金にかえることもできます。高いものでは額面の90%以上で買い取りを行ってくれる業者もあるので損が少ない方法です。

ギフト券の買い取り業者はインターネットから申し込みができるところもあり来店せずに時間もかからず手続きをすることができます。

買取を行ってくれるギフト券の種類も豊富です。最短24時間で買取額を振込してくれる業者もあり、すぐに手元にお金が必要な場合に重宝されるでしょう。

まとめ

一人暮らしをすることは自立した生活をして、自由に暮らすことを意味します。しかし実際は思いもよらぬところでお金がかかったり貧困に陥ったりすることも多いです。

そんな事態を回避するために初期費用を抑える工夫をこなし、必要となったらモノを売ったり、電子ギフト券の買取で確実にお金を得る手段と言うのも知っているべきだと思います。
買取ボブでは、主要な電子ギフト券を高還元率で買取しているので、ぜひご利用ください。