買取申込はこちら


PAGE TOP

movei contact OPEN
CLOSE

MENU

コラム

ギフト券 KAITORIBOB ボブ

ギフト券の買い取りで現金をすぐに欲しいなら、銀行振り込みが大切!

カテゴリ:Amazonギフト券買取  投稿日:2020年6月21日

使い道のないギフト券は、買い取ってもらうのがおすすめ

現在、Amazonをはじめ楽天市場などといった通販サイトで「ギフト券」を取り扱うことが多くなっています。プレゼントや贈り物などといった用途で受け取る機会の多いギフト券ですが、なかには使い道に困ってしまい使わずじまいになってしまうということも発生します。

 

そんな時には「ギフト券の買い取りサービス」を利用するのがおすすめです。買い取ってもらい現金化することは、使い道のないギフト券を有効利用する一つの方法です。

 

では「ギフト券の買い取りをやってみたい」といった方のために、買い取ってもらうにはどういった方法があるのか?からみていきます。

 

ギフト券の買い取り方法

ギフト券を買い取ってもらうには、対面式でもオンラインでも可能となっています。

 

買い取り専門店へ持ち込み店頭で買い取ってもらう

ギフト券の買い取りで最もポピュラーな方法がこちらです。こういった店舗では通販サイトのギフト券だけでなく、クレジット会社や信販会社が発行しているギフト券や全国共通百貨店商品券、ショッピングモール商品券、カフェや喫茶店の商品券なども買い取ってもらえるところが多くあります。

 

買い取り専門店へ郵送し買い取りしてもらう

店頭で直接買い取ってもらうのではなく、郵送で送って査定・買い取りしてもらうという方法です。直接店舗へ訪れる必要がないので時間のない方にはおすすめです。またチェーン店の場合だと需要の多い他店舗へ直接送ることも可能なため、持ち込み買い取りよりも買い取りレートが高く設定されている場合が多くなっています。

 

ネット買い取りに対応している店舗を利用し、ネット買い取りをしてもらう

現物のカードタイプのギフト券でなく、メールタイプのギフト券を買い取りしてもらえる買い取りサービスを利用する方法です。店舗へ出向く必要も郵送するための梱包も省けるので、できるだけ手間をかけたくない人にはおすすめです。

 

買い取ってもらう時に気にするべきポイントとは?

ギフト券の買い取りをしようという人にとって、買い取りしてもらう事情はさまざまです。とくに使い道の決まっていない余っているギフト券を買い取ってもらいたいという人の場合は、あまり多くのことを気にする必要がありませんが、「すぐに現金化したい」「できるだけ早くお金が必要」という事情がある人の場合は、換金にかかる時間が気になるところです。

 

とくに買い取り金が銀行振り込みになっている場合だと、振り込み先がどこなのか?どれくらいのスピードで振り込まれるのか?といったところが買い取りサービスを選ぶ重要なポイントとなってくるでしょう。

 

では買い取りサービスを利用する際に、どういった振り込み先銀行を選べばよいのか、どのような基準で選んでいくのがよいのかをみていきましょう。

 

振り込み先を選ぶ際の大事なポイントとは?

振り込み先銀行を選ぶ時には、営業時間や振り込み反映時間などを参考にするのがポイントです。

 

営業時間

営業時間というのは銀行によって異なっています。その営業時間内に振り込み処理が完了しないと、現金を手に入れることができません。よってすぐに現金が欲しいといった場合は、営業時間が長い銀行に対応している買い取りサービスを選ぶのがよいでしょう。

 

振り込み反映時間

銀行振り込みを行う場合、振り込みが反映される時間というのも考えておく必要があります。選択する銀行によっては、料金が振り込まれてもすぐにそれが反映されないといった状況が発生してしまいます。早めに現金を手に入れたいなら、振り込み反映処理が早い金融機関を取り扱っている買い取りサービスを選ぶようにしましょう。

 

振り込み手数料

銀行振り込みでは、振り込みに手数料がかかるかかからないかといった違いが発生します。振り込み手数料無料の銀行だけが利用できる買い取りサービスの場合はもちろん、振り込み手数料を買い取りサービス側で負担してくれる場合もあります。「たかが振り込み手数料」といっても、積み重ねれば大きな金額になってしまうので、できるだけ手数料が無料、もしくは安めの金融機関を選択しましょう。

 

即時に着金できる「モアタイムシステム」導入の金融機関がおすすめ

先ほど挙げた振り込み反映時間に関してですが、「モアタイム」という即時着金システムを導入している金融機関を選ぶようにしましょう。2018年10月のモアタイムシステム導入前までは、平日の昼間のうちに銀行振り込みを行わないと、即時着金ができませんでした。また夜間や土日といった週末に振り込んでも、翌日に着金されるようになっていました。

 

モアタイムシステムは、そういった平日夜間や土日祝日といった時に銀行振り込みを行っても、即時着金が可能となるシステムです。買い取りサービスを選ぶ際には、モアタイムに対応している金融機関と取り扱っている買い取りサービスを利用するのがよいでしょう。

 

このギフト券の銀行振り込み利用ならここを利用しよう!おすすめ金融機関

では数ある金融機関のなかでも、ギフト券の銀行振り込みにおすすめの金融機関をご紹介いたします。

 

楽天銀行

多くのギフト券買い取りサービスで銀行振り込みとして利用することができます。夜間でも土日祝日に関わらず24時間銀行振り込みが反映され、ネットで確認できるのも安心です。

 

預金を引き出す際の手数料は、基本的に有料となっていますが、ハッピープログラムというサービスにエントリーすれば手数料が無料になる場合もあります。ハッピープログラムでは条件を満たし、会員ステージを上げていくことで、より優遇されたサービスを受けることができるようになっています。

 

三菱UFJ銀行

こちらも多くの買い取りサービスで銀行振り込みとして利用することができる金融機関です。24時間銀行振り込みが反映されます。日本最大級のメガバンクなので、ATMが全国各地に存在しています。8時45分から21時までは引き出し手数料が無料となっているので、すぐに現金が必要な時にはおすすめです。

 

ジャパンネット銀行

ネットバンクの先駆けとして多くの買い取りサービスで利用可能な銀行です。こちらも24時間銀行振り込み反映可能となっています。セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートといった三大コンビニに設置されているATMと提携されており、いつでもどこでも現金を引き出すことができるという特徴があります。引き出し手数料も、月の最初の一回は0円となっているので安心です。

 

ギフト券買い取りから銀行振り込みまでのステップ

ではここで、ギフト券をネット買い取りしてもらい銀行振り込みが完了し、現金を手に入れるまでの一般的なステップをみていきましょう。

 

申し込み

各買い取りサービスのホームページなどに専用の申し込みフォームが用意されているので、必要事項を入力します。その際に身分証の提示が必要となります。運転免許証や健康保険証、マイナンバーカードなどを用意しておきましょう。

 

見積もり

買い取りを希望するギフト券の簡単な情報を伝えれば、いくらくらいで買い取ってもらえるのかの見積もりを出してもらえます。見積もり金額によって買い取りをするかしないか決めましょう。

 

ギフト券情報の入力・送付

買い取りを希望するギフト券の情報を、専用フォームに入力します。ギフト券コードやギフト券番号が必要となります。

 

銀行振り込み

買い取りが完了すると、指定口座への振り込みとなります。申し込みから銀行振り込みまでにかかる時間が、およそ30分ほどです。

 

まとめ

ギフト券の買い取りは、デジタルも現物も可能です。買い取りの際には銀行振り込みによる入金が素早く行えることが大切でしょう。モアタイムシステムを導入している金融機関ならば即日入金が可能となっているので、そのような金融機関を利用できる買い取りサービスを利用するのがおすすめです。

 

「買取ボブ」では銀行振り込みに、楽天銀行やジャパンネット銀行などといったところが利用でき、24時間の振り込み