買取申込はこちら


PAGE TOP

movei contact OPEN
CLOSE

MENU

コラム

ギフト券 KAITORIBOB ボブ

徹底比較!Amazon、メルカリetc…自分にあったフリマは?

カテゴリ:Amazonギフト券買取  投稿日:2020年9月1日

Amazon

Amazonでは自社で扱う商品の他にマーケットプレイスといって、Amazonを通じて、個人や企業が商品を出品しています。Amazonマーケットプレイスでは、販売するのは出品者ですが、実際の商品はAmazonの倉庫で管理され、発注があればそこから商品が発送されるFBA(フルフィルメントby Amazon)というシステムもあるのです。

 

この場合はAmazonが商品の配送を代行しているので、Amazonでないと不安だという方には、大きな安心感を与えます。また出品者は配送や梱包といった作業から解放され、商品のラインナップや出品などの業務に集中することができるでしょう。

 

ただサイズが大きい物や季節商品、さらには在庫回転数が低いものなど、一部取り扱いができないものもあります。始める前に自身の取り扱いたい商品がリストに当てはまらないかどうか、チェックをしておく必要があります。

 

気になるAmazonマーケットプレイスの手数料は、大口出品の場合は月額4,900円(税抜き)です。さらに販売手数料、送料が加算されます。

 

また、様子をみたいという方は小口出品からスタートしてはいかがでしょうか。小口出品なら月額の手数料はゼロです。ただし一商品ごとに100円の手数料と送料が発生します。ちなみに販売手数料はどちらも8%から10%です。

 

Amazonマーケットプレイスはやはり圧倒的な知名度と安心があります。すでに多くのユーザーを持っていて、慣れ親しんだAmazonから無理をして離れていく人は多いとはいえません。とくに送料無料のAmazonプライムに登録している人なら、探していた商品がない限り、基本的にAmazonで購入したいという人が圧倒的に多いのです。

 

こういったユーザーは優良顧客の可能性が高く、安く買いたいというよりも価格・品質・スピードなどのトータルバランスで総評価をしています。実際さまざまなフリマサイトに登録して出品を試した人の中には、顧客層のクオリティ、トータルの売り上げを総合してみると、Amazonマーケットプレイスが断然いいと声をあげる人も少なくありません。

 

メルカリ(mercari)

フリマアプリとして代表的な存在メルカリ、国内での累計取引件数が5億件(2019年9月調べ)をこえるというメガフリマアプリです。利用者が愛用する魅力は、なんといってもその使いやすさでしょう。手数料は一律10%、月額手数料など別途手数料は発生しません。

 

さらに購入前の事前承認などが不要で売上金をメルペイにチャージでき、その残高で買い物ができるなど、購買者と販売者の両方が楽しめる仕組みができています。

 

出品をしてみたいというユーザーのハードルを下げているために多くの登録者がいますが、逆にいえば、プロではない人たちが集まっているといえます。そのため小口取引が多く、サービスや安心よりも、とにかく安く買いたいという人たちが集まっているといえるでしょう。

 

「使わなくなった不用品を処分したい」、「捨てるよりもマシ」という感覚で出品している人も多いため、それを理解した購入者からの値下げ交渉なども少なくありません。

 

ラクマ

ラクマは楽天が運営するフリマアプリで、メルカリの次に注目を集めています。人気の秘密はその手数料の安さで、通常フリマアプリの利用手数料は10%が標準なところ、ラクマでは3.5%という他アプリの半分以下の手数料で商品を販売できます。

 

さらに楽天が運営するため、売上金を楽天キャッシュとしてチャージが可能です。さらにそれを楽天ペイに利用することができます。また楽天銀行を使えば振込手数料の優遇があるなど、楽天ユーザーにとってはメリットが豊富です。

 

しかしまだAmazonやメルカリに比べると、ユーザーへの知名度が低く、商品を販売するにあたって、不安材料が残るのが現状でしょう。

 

ラクマの前身は女性向けフリマアプリ「フリル」なので、女性向けのアイテムが豊富です。コスメやホビー、ハンドメイドなどが揃っているので、女性をターゲットとした商品展開を考えるのなら、ぴったりです。さらに楽天らしい生鮮食品やアルコール関係も扱っているのも魅力のひとつといえます。

 

ヤフオク!

オークションサイトの草分け的存在といえばやはりヤフオクでしょう。20年以上の歴史があります。出品カテゴリー約4万件、常時6000万点以上が出品されているまさにオンラインの老舗といえるでしょう。

 

Yahoo!簡単決済を使えば決済手数料は無料、プレミアム会員になれば落札システム利用料が優遇されるサービスも利用できます。

 

ヤフオク!では、オークションとしての「落札システム」と「フリマ出品」との2種類があるので、出品したいアイテムの特性をみて選ぶことができます。さらに出金に関してはPayPayと連動させることができるので、売上金のチャージや支払いに利用できるなど便利です。

 

また配送には、ヤマト運輸と提携したヤマネコパックを使えば、最大72%まで割引があるなど、出品者に嬉しいサービスがあります。

 

デメリットは「落札システム」と「フリマ出品」の両方があるために、初心者にとっては、「混乱する」、「慣れるのに時間がかかる」という点です。

 

minne(ミンネ)

フリマアプリの中には幅広い商品展開ではなく、ターゲットを絞ったものもあります。その代表といえるのがミンネです。こだわりの手作りアイテムを買いたいそして売りたい人に利用されています。キャッチコピーに書かれた“ハンドメイドの可能性をつなげ、広げる”というように、取り扱い品目にはアクセサリーや雑貨、ファッションなどが中心です。なかなか他サイトではみつからない一目惚れアイテムが揃っています。

 

出品者の多くは作家や手作りが趣味の人たちです。思い思いの作品を出品し、中にはオーダーを受けてから商品を作成するものもあるので、通園時に使う子どものカバンやシャツへのネーム入れなど、忙しいママたちから重宝されているのも特徴といえます。

 

難点といえば、手作りのため、返品不可のケースがあることです。購入者はよく出店者の情報をチェックしてから購入をしなくてはいけないので、気軽さは他のアプリに比べて下がります。また出品者側もコミュニケーションをとる必要があるので、ただ商品を出品して売りたいと考えている場合には、多少の煩雑さを感じるといえるでしょう。

 

まとめ

他にもアニメグッズに特化した「オタマート」や、ブライダルで使えるアイテムを扱かったラ「クマファーマーズマーケット」など、ユニークなアプリがあります。自身の目的に合わせて上手に選んで楽しまれてはいかがでしょうか。

 

買取ボブでは、Amazonや楽天などで使えるギフト券の買取りを行っています。手続きも簡単で最短10分で終わります。お手持ちの商品券を有効利用したい場合などぜひご相談ください。