買取申込はこちら


PAGE TOP

movei contact OPEN
CLOSE

MENU

コラム

ギフト券 KAITORIBOB ボブ

Amazonでも使える自動購入ツールとは?せどりなどで人気の機能を紹介

カテゴリ:アマゾンショッピング  投稿日:2020年8月3日

自動購入ツールとは何か?

自動購入ツールとは商品を機械が自動で注文して、買ってくれるシステムです。せどりで生計を立てている方などに、根強い人気があります。

 

狙っている商品があっても、発売前から話題なら開始1分以内で売り切れて入手できないこともあるでしょう。しかし自動購入ツールを使えば、すぐに売り切れる商品も押さえられる可能性があります。

 

ツールごとに対応店舗が異なるので、インストール前の情報チェックが大切です。

 

自動購入ツールのメリットとデメリット

自動購入ツールの採用による、メリットやデメリットを事前に学んでおきましょう。話題の商品を手に入れられる可能性はあがりますが、経費に気を配る必要があります。

 

メリットは話題商品を入手しやすくなること

自動購入ツールのメリットは、話題の商品を手に入れやすくなることです。発売前から人気の商品は、開始から1分以内で売り切れる可能性もあります。しかしツールの設定がうまくいけば、乗り遅れずに買えるかもしれません。

 

手動での作業時間を大幅に省けるのもポイントで、仕事などが忙しくてネットショップを監視している暇がなくても使えます。ツールに仕入れをまかせて、余分な作業をカットできることは心強いことでしょう。

 

デメリットは有料の可能性と、商品を逃がす可能性 

自動購入ツールは無料のものもありますが、有料のものが多いので注意しましょう。せどりの売上が振るわなければ、元を取れない可能性さえあります。

 

ツールを使ったからといって、狙った商品を手に入れられるとは限らないことにも注意しましょう。販売開始から売り切れるまでの時間が短すぎると、ツールが反応しきれないことも考えられます。

 

自動購入ツールを信じすぎず、せどりで稼げそうなターゲット商品はひとつでも多く候補に入れるなどで対処しましょう。

 

自動購入ツールの一般的な使い方は?

自動購入ツールの使い方を、あらかじめマスターしておきましょう。インストール後の初期設定などの流れをつかんでおくことで、せどりの仕入れなどに備えられます。

 

一般的な設定の流れ

まずは目当ての自動購入ツールの公式サイトに向かい、ダウンロードとインストールを行いましょう。そこから環境とタスクの設定へ入ります。

 

全自動注文時には、対象店舗のIDとパスワードを設定できるので、注文テストなどで動くか確かめましょう。

 

タスク設定でできること

タスク設定では主に、価格の成立条件や注文個数・回数、巡回の頻度などをチェックできます。条件にあった商品をみつけたときのリアクションもツールにより異なり、自動購入からメール通知・お知らせアラームまで複数です。望まない購入をしないように、お知らせ程度に調整できることも大きいといえるでしょう。

 

自動購入ツールを使う注意点

自動購入ツールを使うには、PCを常に動かしていなければならないことや、仮想サーバーの使用などを学ぶことが大切です。初期設定時に、プログラミングのコードに触れることにも留意しましょう。

 

PCを常に起動する必要がある

自動購入ツール使用時は、パソコンを常に起動しなければなりません。オフだと商品検索や自動購入ができず、狙っていた商品を逃しての後悔も考えられます。とくにお出かけ時に、うっかりパソコンの電源を切らないように注意したいところです。

 

パソコンのつけっぱなしにより、電気代も高くつく可能性もあるので、月々の経費計算も忘れないようにしましょう。

 

仮想サーバーなら不自由にならない

仮想サーバーの方が、レンタルサーバーよりも自動購入ツールを使いやすいといえます。レンタルサーバーはほかのユーザーも使っているので、混雑するとアクセスに時間がかかることもあるからです。

 

ABLENETのような仮想サーバーなら、スムーズにアクセスしやすく格安なのでおすすめできます。

 

一定のプログラミング知識が必要

自動購入ツールや仮想サーバーなどの設定には、一定のプログラミングの知識が必要になることを覚えておきましょう。公式サイトが設定方法を公開していることもありますが、基本的にはプログラミングに慣れていないと、使う前から挫折するかもしれません。

 

せどり自体がインターネットに対する、さまざまな知識を要します。必要最低限のプログラミングを学べば、自動購入に限らずほかのツールを使ううえでの参考にもなるでしょう。

 

自動購入は「刈り取り」として違法になる?

Amazonに売ってある商品の転売は「刈り取り」とも呼び、違法ではないかと指摘する声もあります。しかしAmazonは刈り取り対策として規約を定めているので、サイトルールを把握していないとアカウントが凍結したまま取り戻せない可能性もあるので注意です。

 

どんなことが違反になるのかを把握したうえで、自己責任で行いましょう。

 

刈り取りの定義とは?

相場以下で商品を買ってから、相場どおりに値上げして売ることで、せどりでよく使うやり方です。Amazonで仕入れたものをAmazonで売る形が代表例でしょう。自動購入ツールなどを使い、仕入れや販売をまかせる、「電脳せどり」にもつながります。

 

刈り取りを覚えておけば、在庫なしでもせどりが行えます。新品なら中古品のような出荷前の検品も必要ないので、手軽に進められるでしょう。

 

Amazonで自動購入したものは新品として売れなくなる?

Amazonが新品として出品できるものに、条件をつけています。

 

・ヤフオクなどで個人から仕入れたもの(請求書か領収書があれば、ストア出品者から仕入れたものを新品で出せる)

・出品の時点でメーカー保証期間と消化がはじまっている

・マーケットプレイス含め、仕入れた場所がAmazon.co.jp上

 

Amazonで新品をめぐる規約を厳重にチェックし、自動購入ツールを使った違反がないようにしましょう。

 

規約違反でアカウント停止のおそれも

Amazonが認めない条件の商品を新品として出すと、注意の連絡が入り、無視するとアカウント停止や入金差し止めを受けるおそれがあります。

 

とくにアカウントは一度凍結を受けると、復活は困難で、せどりはおろか普通に買い物をすることすらままならなくなります。快適なネットショッピングができなくなる恐れもあるので、知らず知らずでもルールには違反しないよう規約をよく読み、使用する場合は法令などに違反しないよう自己責任で行いましょう。

 

まとめ

自動購入ツールを使えば、Amazonなどで大量の商品をせどり用に仕入れられます。しかしAmazonで仕入れたものの一部は新品として出せず、ルール違反を犯すとアカウントの永久凍結を受けるおそれもあるので、注意しましょう。

 

ネットショップでの自動購入には、初期設定やサーバーのセッティングなどにプログラミング知識を要します。事前にコードなどの予備知識をある程度を学んでから、規約や法令に違反しないように使用することが大切です。使用する場合は、あくまでも自己責任でお願いします。

 

買取ボブでは、Amazonをはじめインターネットのギフト券に特化して買取を受けております。さまざまな商品購入にも使えるギフト券を売りたいと思ったら、ぜひとも買取ボブまで気軽にご相談ください。