買取申込はこちら


PAGE TOP

movei contact OPEN
CLOSE

MENU

コラム

ギフト券 KAITORIBOB ボブ

余ったAmazonギフト券の使い方|おすすめの使い方も紹介

需要の高いAmazonギフト券ですが、使える範囲はAmazonのサイトのみです。そのため、Amazonを利用しない人にとってはあまり必要のないギフト券とも言えます。

 

そんなAmazonギフト券を余らせてしまって有効期限を過ぎてしまう前に、どうせなら有効活用してみませんか?

 

この記事では、余ったAmazonギフト券の利用法とともに、おすすめの使い方なども紹介しています。ぜひ参考にしてください。

Amazonギフト券とは?

Amazonギフト券とは、大手ショッピングサイト「Amazon」の買い物で支払いをする時に、現金の要領で利用できるギフト券を指します。主に、コンビニやAmazon.co.jpなどにて購入可能です。

 

また、Amazonギフト券は全部で9種類有り、

  1. カードタイプ
  2. グリーティングカードタイプ
  3. シートタイプ
  4. チャージタイプ
  5. Eメールタイプ
  6. 商品券タイプ
  7. ボックスタイプ
  8. 印刷タイプ
  9. 封筒タイプ

 

Amazonギフト券は2種類あり、あらかじめ額面の決まっている「固定金額タイプ」と、金額を自由に設定できる「自由金額タイプ」があります。

 

【固定金額タイプ】

  • 商品券タイプ
  • 封筒タイプ
  • グリーティングカードタイプ
  • ボックスタイプ

 

【自由金額タイプ】

  • バリアブルカード
  • Eメールタイプ
  • チャージタイプ

 

Amazonギフト券が人気の理由

Amazonギフト券が人気の理由は、Amazonサイト内の商品の多さや、商品発送の早さに加え、「オンラインで人に送ることができる」「ショッピング以外の用途に使える」といった点にあると思われます。ここでは利用者の客観的な意見も含めて、それらについて説明していきます。

 

日本大手2トップのECであるAmazonと楽天市場の比較も参考にしてください。

Amazonの利用者が多い

Amazonの利用者数は約5004万人、楽天市場は約4804万人です。また、同ECをスマホのみで利用している利用者数は、Amazonが727万人、楽天市場が680万人増えていることも分かっています(2019年調査結果)

 

また、「Amazon派か楽天派か」というアンケートを100人にとった調査では、以下のような結果です。

  • Amazon派 63人
  • 楽天派 36人
  • どちらでも 1人

このことから、Amazonの利用者が圧倒的に多いことが分かります。

 

【Amazon利用者の声】

 

(引用1)

やはりアマゾンが好きですね。アマゾンのほうは楽天に比べてアクセス速度が速い。そうすると商品を次から次へ選ぶことが可能。商品を多量に選べて欲しい物リストに入れておけば後からじっくりその商品を熟考してその商品に対しての理解度が深まり再び購入することが多いです。サイトの複雑がやはり原因ですかね。アマゾンのほうが簡単だと思いますので使いやすいです。

 

(引用2)

断然Amazon。Amazonのメリットは、画一化されたシンプルなフォーマットの見やすさにあると思います。どこの販売元が出品していても、同じフォーマットなので、同じ商品を違う販売元で比較検討する際もしやすいですし、Amazon内で、どこで買うのが一番お得なのかが送料を含め一目で分かるのが良いと思います。

 

Amazonの人気の秘訣は、アクセスの早さや商品の多さ、サイトの見やすさにあるようです。続いて、楽天市場との比較を見てみましょう。

 

【楽天との比較】

  • ビジネスモデルの違い(Amazonは出品型、楽天は出店型)
  • ユーザーの性別(Amazonは約60%が男性、楽天は約54%が女性)
  • 20代の利用率(Amazonは約18%弱、楽天は約9%)※他の年代は大差なし
  • サイトで購入するもの(Amazonユーザーは家電やPC、アニメやマンガ、インターネットゲーム。楽天ユーザーは楽天トラベルなどでの旅行関連)

 

またユーザーへのアンケートでは、購入するものから見て、Amazonユーザーはインドア派、楽天ユーザーは旅行好きなアクティブ派が多い傾向が見られます

 

したがって、Amazonは自宅で音楽や映画などをゆっくり楽しみたい人に、楽天市場は旅行やレジャーが好きな人に好まれるようです。

オンラインで送ることができる

EメールタイプのAmazonギフト券は、先述の通りオンラインで人に送ることができます。もちろんLINEでも送れるので、ネット上の知り合いなどにもお礼の気持ちやプレゼントとして気軽に送れるところが人気です。

 

なお、2020年よりLINEでの「メッセージアプリでシェアする」と言う機能が使えなくなっているので、LINEで送りたい場合は以下の手順を参考にしてください。

 

【Amazonギフト券をLINEで送る方法】

  1. Amazonの、自分のアカウントへログインする
  2. Amazonギフト券の購入ページへ進む
  3. ギフト券のタイプ別に表示されるので「Eメールタイプ」を選択する
  4. デザインと金額を決める
  5. 「配送」は「Eメール」にし、自分のアドレスを入力する
  6. 「メッセージ」の欄に、250文字でメッセージを書いても良い
  7. 購入が完了すれば、「未発送」の状態が「発送済み」へと表示が変わる
  8. 設定した宛先へメールが届くので確認する
  9. メールを開き「アカウントに登録する」というボタンを長押しし、「リンクをコピー」する
  10. LINEで、Amazonギフト券を贈りたい人のトーク画面を開く
  11. メッセージと共に、先ほどコピーしたリンクをペーストする

 

これで、相手へのプレゼントが完了です。同じ方法で、メールやSNSのDMからも送ることができます。

ショッピング以外にも使える

Amazonギフト券のメジャーな使い方は、Amazonサイト内でのショッピングです。

 

そのほか、先述のように誰かへのプレゼントや、のちほど詳しく説明する現金化の手段としても使うことができます。

Amazonギフト券が余っている人も多い

Amazon関連でしか使えないAmazonギフト券は、微妙な額の残高が余りがちでが、Amazonで使いきるしかありません。しかし有効期限が10年と長いため、「いつか使うかもしれない」と、手元に余裕の気持ちで置いている人も多いようです。

 

しかし、そのまま放置すると有効期限が過ぎてしまったり、持っていることすら忘れてしまうなんてことにもなるでしょう。

 

ここからは、Amazonギフト券を有効活用する方法を見ていきましょう。

余ったAmazonギフト券の使い方

余ったAmazonギフト券を有効に使いたいなら、「買取してもらって現金化する」「ほかの支払と併用する」「プレゼントとして送る」の3つがおすすめです。

買取してもらい現金化する

Amazonギフト券は店舗型の金券ショップでは取り扱っていないので、オンライン型の買取サイトで買い取ってもらうのが良いでしょう。

 

特に、この記事の最後に紹介する「買取ボブ」は、電子ギフトや電子マネーの買取に特化しており、需要の高いAmazonギフト券は、高い時で約95%ほどの換金率で売れることもあります

ほかの支払いと併用する

Amazonギフト券の残額が少なくても、ほかの支払いと併用できます。なので、微妙な額の残高が残ってしまった時にはぜひこの方法で使いきってしまいましょう。

 

【コンビニ・ネットバンキング・ATM・Edy払い(先払い)】

商品とギフト券で発生した差額を、現金で支払います。決済時にギフト券を選択して残高を使いきってしまい、商品の値段-Amazonギフト券の残高=その差額を支払えばOKです。

 

【代金引換】

代金引換の際に発生した代引き手数料を含め、その合計をAmazonギフト券の残高を使って補う支払い方法です。

商品の代金+代引き手数料-ギフト券の残高=差額で、商品受け取り時に出された差額を支払うようになります(※ギフト券で全額払うと、代引き手数料がかかりません)。

 

【クレジットカード】

差額をカードの支払日に、クレジットカードで支払うという方法もあります。

 

【amazonギフト券で】

Amazonギフト券の支払いで足りない分を、Amazonギフト券を買い足して支払うという方法もあります。Amazonギフト券はアカウントにチャージして使うので、新しいAmazonギフト券分をチャージして金額を増やせばOKです。

プレゼントとして送る

Amazonに登録していないギフト券は、ほかの人にプレゼントとして再譲渡できます。

 

Eメールタイプであれば先述の通り、LINEやメール、SNSのDMにコードを送ればプレゼントできるので、未使用のまま使う予定がないならぜひ、欲しい人にあげて下さい

Amazonギフト券の買取なら買取ボブがおすすめの理由

Amazonギフト券を現金化したいなら、優良買取サイトの「買取ボブ」がおすすめです。買取ボブの3つの強みを、さらに詳しく見てきましょう。

 

買取率が高い

買取ボブは、業界トップクラスの買取率を誇り、かつ取り扱いの電子ギフトや電子マネーも豊富です。特に需要の高いAmazonギフト券は、換金率も85%~95%と高めに設定しています(日によって変動あり)。

オンラインで利用できる

買取ボブはオンラインサイトなので、店舗に出向く必要はなく、スマホやパソコンから申し込み、査定、支払手続きが完結します。

 

しかも、24時間365日対応しているため、忙しい人にも利用しやすいシステムと言えるでしょう

現金化のスピードが早い

買取ボブの現金化は最短で約15分、おおよその時間は約30分と、非常に早いです。急遽現金が必要な人や、即日現金化を希望する人にはありがたいですね。

まとめ

余ったAmazonギフト券を有効活用する方法が、意外にも多いことがお判りいただけたでしょうか?

 

もし、使わないギフト券が手元にあるなら、他の支払いと併用して使いきったりプレゼントしたり、思い切って現金化してみてはいかがでしょうか?