買取申込はこちら


PAGE TOP

movei contact OPEN
CLOSE

MENU

コラム

ギフト券 KAITORIBOB ボブ

無職でお金がない人がお金を作るには?無職でも採用されやすい仕事も紹介

急に仕事を辞めざるを得なくなり、現在仕事がなく困っている人はいませんか。

 

生きていく上でお金は絶対必要です。

 

しかし、再就職しようとしても無職なので採用されにくいのではないかという不安もあるでしょう。

 

そこで、この記事は無職でお金がない人がお金を作る3つの方法と、無職でも採用されやすい仕事をご紹介していきます。

無職でもお金を作る3つの方法

ここでは無職でもお金を手に入れる3つの方法をお教えします。

 

具体的には以下の3つです。

 

  • クレジットカードのキャッシング
  • 生活福祉資金の特例貸付の利用
  • 契約者貸付制度を利用する

クレジットカードのキャッシング

早急にお金が必要ならクレジットカードのキャッシングでお金を借りようと考える人もいるでしょう。

 

結論から言うと、「安定した収入のない人」はキャッシングすることはできません。

 

ここでは「収入があること」ではなく「安定した収入がある人」ということがポイントです。

 

返済は一時的なものではなく、毎月行うことなので長い目で見て返済可能な人が条件になります。

 

また、貸金業法の総量規制では無職(所得が0円)の人にお金を貸すことが、そもそも禁じられているのです。

 

しかし以下のように例外もあります。

 

  • 学生でアルバイトをしていて継続した収入がある
  • 専業主婦で配偶者から安定した収入を得ている人
  • 不動産収入がある人
  • 年金受給者

 

ただ、無職ではキャッシングは難しいので、まずはアルバイトから始めて定期的な収入を継続させるようにしましょう。

生活福祉資金の特例貸付の利用

生活福祉資金の特例貸付は生活面で経済的に困っている人が対象です。

 

この制度は無職の人でも利用できますが、支援を受けることで自立して生活できるようになる人と誰からも支援を受けられない人が対象になります。

 

そのため、今後仕事を全くする気のない人は、支援を受けることは難しいので注意してください。

契約者貸付制度を利用する

契約者貸付制度は生命保険に加入しているのなら利用可能です。

 

生命保険の解約返戻金を担保に融資を受けられます。

 

融資できる金額は解約返戻金の7〜9割程度です。

 

具体的に、いくら借りられるかは生命保険会社によって異なるので電話で担当者に聞いてみましょう。

 

また、インターネットで契約者貸付制度を利用できる会社もあります。

無職の人でもできるすぐにお金が手に入る仕事

無職になって収入が途絶えてしまうと、一番に心配になるのがお金のことですよね。

 

中には「正社員で働くのは難しいかも」と考えている人におすすめの仕事をご紹介します。

フードデリバリー

フードデリバリーは今や主流となっている宅配サービスの1つです。

 

「無職でも採用されるの?」と疑問をお持ちの方はいるでしょう。

 

しかし、フードデリバリーは職歴関係なく働くことができます。

 

履歴書や面接は一切なく、登録会に参加するだけです。

 

しかも積極的に働くことで時給1,200円ほどになります。

 

他のアルバイトより断然稼げますので、一度利用してみてはいかがでしょうか。

日雇いバイト

あなたがもし、職場の人間関係などで仕事を辞めて無職になったのなら日雇いバイトをおすすめします。

 

日雇いバイトのメリットは以下の2点です。

 

  • その日のうちにお金が入ること、
  • 1日だけの仕事なので人間関係に悩まされることがない

 

では、どういったバイトが募集されているのでしょうか。

 

求人数、求職者数ともに日本最大級のサイトindeedでは下記のような仕事が募集されていました。

 

  • 製造ライン作業
  • 軽作業スタッフ
  • データ入力
  • イベントスタッフ
  • チラシ、ティッシュ配り
  • 試食案内

 

これらの仕事を見てみると、特別なスキルを必要とせず気軽に応募できるでしょう。

 

日雇いバイトでその日のうちにお金を手に入れてください。

夜のお店勤務

いわゆるキャバクラやスナック、バーなどの夜のお店の仕事は人の出入りが激しいため、無職でも採用されやすいです。

 

「無職なのに夜のお店はハードルが高い」と思われるでしょう。

 

しかし、夜のお店に求められることは下記のどれかのことが多いです。

 

  • コミュニケーション能力
  • 容姿
  • お酒が強い

 

また、日払いのお店も多数あるので、その日のうちにお金をゲットできます。

無職の人がお金を借りれない理由とは?

無職の人は収入が全くないので以下の理由でお金を借りられないことがあります。

 

  • 社会的信用の低さ
  • 返済能力が認められない
  • 連帯保証人を用意できない

 

どんなに能力があっても無職だというレッテルを貼られてします。

 

収入が見込めないため金融機関などから借り入れを断られるケースが多いでしょう。

社会的信用の低さ

無職とは定職につかず、収入を得ていない状況の人のことです。

 

例えば、無職の友人がいて「お金を貸してくれ」と頼まれた時にあなたは貸そうと思いますか?

 

きっと「収入がないのでお金を貸しても返ってこない」と思うのが普通です。

 

このように貸金業者も同じ考えで、無職の人は社会的信用が低く、お金を貸そうとは思わないのです。

 

さらに無職の期間が長引くと働く気がないのかと判断されやすく、社会的に信用が低くなり正社員だけでなくアルバイトでも採用されにくくなります。

 

働いていない期間は何をしていたか、面接官を納得させる理由を説明しましょう。

返済能力が認められない

無職だと返済能力が認められないので、金融機関や消費者金融からお金を借りることを禁止することが貸金業法に定めれています。

 

また、融資を申し込んだ相手に対し返済能力があるかどうかを調べことを義務づけています。

 

そのため、お金を借りたいのなら定職について3ヶ月以上働き、返済能力があることを証明しましょう。

連帯保証人を用意できない

お金を借りる際に、保証人もしくは連帯保証人を用意しないとお金が借りられないケースがあります。

 

保証人とは、債務者がどうしてもお金を返済できない場合に代わりに返済する人のことです。

 

一方、連帯保証人とは債務者と同等の返済義務を命じられる人のことをいいます。

 

2020年民法改正で保証人に関しての制度が大きく変わり、保証人の情報提供義務が設けられるなど法律が厳しくなりました。

 

連帯保証人に関しても法律が今後変わってくる可能性があるかもしれません。

 

しかし金融機関はお金を貸して返せるかを重要視します。

 

無職の人は継続した収入がないので、連帯保証人なしではお金を借りることは難しいでしょう。

まとめ

お金がない無職の人であってもお金を手に入れる方法は多くあります。

 

また、その日のうちにお金がもらえて採用されやすいバイトも多いでしょう。

 

そのほかにも、電子ギフト券の買取もすぐに現金を手に入れる方法の1つです。

 

買取ボブでは、電子ギフト券の換金を行っており、即日で現金を手に入れることができます。