買取申込はこちら


PAGE TOP

movei contact OPEN
CLOSE

MENU

コラム

ギフト券 KAITORIBOB ボブ

超便利でおすすめ電子ギフト券3種類の特徴と使い方まとめ

プレゼントとして定着しつつある電子ギフト券。コンビニや家電量販店で販売されていますので、皆さんも日々の生活の中で一度は見た事があるはずです。

 

電子ギフト券には沢山の種類が販売されており、それぞれで対象者や使い方が異なります。一度も電子ギフト券を使った事がないという方にとっては、何をどうすればばいいのかさっぱり分からないため、ハードルを高く感じてしまうかもしれません。

 

この記事では、電子ギフト券の中でも特に人気が高い3種類の特徴や使い方をまとめて紹介していきたいと思います。

 

  • Amazonギフト券
  • App Store & iTunesギフトカード
  • Google Playギフトカード、ギフトコード

 

使っている人が多く、便利と高評価を得ている電子ギフト券は上記3つです。それぞれの特徴使い方を紹介していきますので、電子ギフト券って何?どうやって使うの?と思っている方は是非活用してみてくださいね。

Amazonギフト券の特徴と使い方

まず最初におすすめしたい電子ギフト券はAmazonギフト券です。「アマギフ」と呼ばれるくらい定着しており、電子ギフト券の中で最も利用者数が多いことで知られています。

 

Amazonギフト券を一度も使った事がない…そんな人の為に、買い方や使い方などを紹介していきたいと思います。

どこで何を買うの?

Amazonギフト券はAmazonオンラインショップや全国のコンビニ、家電量販店などで購入できます。実物のカードや商品券タイプもあれば、好きな写真やメッセージをつけられるメールタイプもあります。

 

他にもグリーティングカードやボックスタイプなどがあり、誕生日はもちろん記念日のプレゼントとしてもAmazonギフト券は高い人気を誇っています。

 

コンビニで販売されているカードタイプのAmazonギフト券は金額が決まっています。

 

  • 3000円
  • 5000円
  • 10000円
  • 20000円
  • バリアブル

 

バリアブルカードとは自分で金額を決められるもので、1500円から50000円の間なら、1円単位で設定できます。購入時、店員さんに希望の金額を伝えた後で、レジにて指定金額の確認を行い支払う事で利用可能になります。

 

もし、カードタイプが売り切れていた場合は、マルチメディア端末からシートタイプも購入できますよ。

 

購入したAmazonギフト券は裏面に記載されているギフト券番号を自分のアカウントに登録する事で、Amazon内で自由に使う事ができます。

どうやって使うの?

Amazonギフト券はAmazonでの買い物やサービス利用で使います。世界最大の通販サイトであるAmazonには多種多様な商品が販売されていますので、ネット通販を利用した事がないという方でも一度は名前を聞いた事があるでしょう。

 

Amazonでの買い物が非常に便利になるのがAmazonギフト券です。ギフト券番号をアカウントに登録しておけばクレジットカードの使用や代引きにしなくてもなく、簡単に購入できます。

 

クレジットカードを持っていない、持っていてもネット通販で使うことに抵抗がある方は代引きになってしまい、どうしても自宅にいなくてはいけませんでした。

 

しかし、Amazonギフト券を使えば、置き配設定にして自宅前に置いておく事もできますし、宅配ボックスがあればそちらのボックス内に入れておいてくれます。

 

通販の他にもAmazonプライム会員の利用料金の支払いにも使えます。すでに会員になっている方だけでなく、初めてAmazonを使う方まで、誰にでも喜ばれるプレゼントとしても非常に人気です。

 

ただし、Amazonギフト券には10年の有効期限が設定されています。慌てて使いきる必要はありませんが、注意してください。有効期限は、アカウントの残高・利用履歴ページで確認できます。

 

App Store & iTunesギフトカードの特徴と使い方

続いてはApp Store & iTunesギフトカードの特徴や使い方について紹介していきたいと思います。この電子ギフト券も非常に有名なものなので、一度は見た事があるかと思います。

どこで、何を買うの?

App Store & iTunesギフトカードはAppleやドコモなどのオンラインショップや全国のコンビニ、家電量販店では必ず販売されています。セブンイレブンやファミリーマートなどの大手コンビニはもちろん、西友やイオンなどのスーパーでも販売されていますので、最寄りのお店で手軽に購入できます。

 

店頭で販売されているiTunesカードの種類は以下の5種類です。

  • 1500円
  • 3000円
  • 5000円
  • 10000円
  • バリアブル

 

バリアブルは1500円から50000円以内の金額なら1円単位で設定する事ができます。一気に大量に購入したい方や使う金額が決まっている方バリアブルを選択するといいですね。

 

ちなみに、まとめ買いに重宝されている大型倉庫店であるコストコやLINE Payなどでは、5~10%オフでi購入できるキャンペーンが行われる事があります。それぞれ対象期間や条件などがありますので、ネットでマメにチェックするといいでしょう。

どうやって使うの?

App Store & iTunesギフトカードは、iTunes StoreやApp StoreをはじめとするAppleのオンラインストアでコンテンツを購入する時に使用するプリペイドカードです。自分で使うだけでなく、ギフトカードを宅配やメールで送ったり、カード裏面に記載されている16桁のコードを相手に教える事でプレゼントとしても利用できます。

 

App Store & iTunesギフトカードの主な使い方として、以下のようなものがあります。

 

  • AppleStoreで有料アプリをダウンロード
  • AppleStoreでダウンロードしたアプリへ課金してアイテムを購入
  • Apple Musicなどのサブスクリプション
  • LINEスタンプを購入

 

アプリゲーム全盛の現代は、主にダウンロードしたアプリの課金に使う方が多い印象です。あくまでiPhoneユーザーを対象としたカードになっていますので、iPhoneユーザーの方でアプリをプレイするのが好き、音楽や映画などの配信サービスを利用するという方は覚えておいて損なしのカードです。

 

有効期限もないので、焦らず、自分のタイミングで好きなことに使えます。

 

なお、AndroidユーザーであってもApple IDを取得しギフトカードのコードを登録すれば、Apple Musicなどで利用できます。

Google Playギフトカード、ギフトコードの特徴と使い方

最後におすすめしたい電子ギフト券はGoogle Playギフトカード、ギフトコードです。どこで買うのか?どのような使い道があるのか?見た事はあるけど分からないという方の為に、こちらも同様に説明していきたいと思います。

どこで、何を買うの?

Google Playギフトカードの購入場所は、他の2つと同じく店頭とオンラインショップです。コンビニや家電量販店など、電子ギフト券を販売している店舗であれば必ずGooglePlayギフトカードも置かれていますので、気軽に購入できます。

 

Google Playギフトコードを購入できるショップサイトは以下の通りです。

 

  • CODASHOP
  • kiigo
  • Rakuten
  • アルテマ
  • YAHOO!ショッピング
  • docomo Online Shop
  • au WALLET Market
  • au Online shop
  • PINCOM

 

店頭では1500円からギフトカードを購入する事になりますが、オンラインショップであれば100円から購入可能です。自分に必要な分だけ買いたい方にはおすすめです。

 

ちなみに実店舗で購入可能なギフトカードは以下の7種類です。

 

  • 1500円
  • 3000円
  • 5000円
  • 10000円
  • 15000円
  • 20000円
  • バリアブル

 

バリアブルカードは1500円から50000円までの間なら1円単位で希望の金額を指定して購入できます。カードの金額はオンラインショップでは100円から自由に選択可能で、店頭購入の場合、バリアブル以外は固定されているという事は覚えておいてください。

どうやって使うの?

Google PlayギフトカードはGoogle Playが提供するストアやサービスで利用できるギフトカードです。アカウントにコードを登録すればチャージされ、使い道は多種多様です。こちらもクレジットカードを持っていない方やネットやスマホでクレジットカードを使うのに抵抗ある方が主に使っているという印象です。

 

Androidユーザーが主に使うギフトカードですので、使い方としてはGoogle Playストアのデジタルコンテンツの購入やサービス利用となっています。

 

Google Playギフトカード、ギフトコードの主な使い方は、以下のようなものがあります。

 

  • GooglePlayストアのアプリ購入や課金
  • GooglePlayストアの映画やテレビ購入
  • GooglePlayストアの書籍や漫画購入

 

アプリ購入やグレードアップを頻繁に行っているという方は、クレジットカードがなくてもチャージしておけばその場ですぐに課金して、ゲーム内アイテムを素早くゲットできます。

 

また、ギフトカードを利用すると、映画や書籍のレンタル、アプリ内アイテム付与の特典を獲得できます。獲得には対象期間やアプリ、サポートされている端末、チャージ金額等の条件がありますので、利用する際は確認してくださいね。

 

Google Playストアでは最新の映画や音楽、最新の書籍や漫画など非常に多くの人気コンテンツを簡単に購入できます。ギフトカードを使えば、様々なコンテンツを気軽に楽しめます。有効期限もないため、何に使うかゆっくり探すことができるので安心です。

 

なお、i Phoneユーザーでも、Googleアカウントを取得しコードを入力すれば、映画や音楽などのコンテンツサービスを利用できます。

まとめ

自分で使う目的以外にも最近ではプレゼントで使われる事が多くなってきた電子ギフト券。今回、特に人気が高く利用者数の多い定番ともいえる電子ギフト券を3種類紹介してきました。それぞれ特徴と利用用途が異なりますので、自分の生活スタイルや好みに最も適している電子ギフト券を利用するするのがおすすめです。

 

プレゼント用としてだけではなく、クレジットカードを持っていない方、カードを持っていてもネットでの利用に不安がある方、自分自身の1ヶ月の使える額を決めるという目的で購入する方もいます。

皆さんも自分に合った電子ギフト券を使って楽しんでみてください。