買取申込はこちら


PAGE TOP

movei contact OPEN
CLOSE

MENU

コラム

ギフト券 KAITORIBOB ボブ

あなたはだまされていませんか?Amazonを名乗る「なりすまし」に注意!

カテゴリ:アマゾンショッピング, アマゾンプライムビデオ, コラム  投稿日:2020年8月17日

アカウント停止通告がAmazonから送られてきた

Amazonからセール情報や商品発送状況などを把握できるメールから、次のような情報が送られてきた経験はないでしょうか。

 

・アカウント情報を更新する必要がある

・パスワードを初期化する必要があるので更新手続きをおこなってください

・クレジットカード情報に不備があるので再度登録してほしい

 

もしも、このような内容のメールが届いた場合は注意が必要です。Amazonになりすました偽Amazonが、あなたの個人情報を抜き取り悪用しようと計画している可能性があります。

 

万が一このようなアカウントの指示に従って個人情報を入力すると、クレジットカードを悪用されてしまう恐れがあります。決して個人情報を入力しないように心がけてください。

 

なりすましの手口

Amazonなりすましの方法はさまざまな手口があります。手口を知っておかないと騙されてしまう恐れがあるので、なりすましアカウントがおこなっている詐欺の手口をいくつか紹介していきましょう。

 

クレジットカード情報を入力させる

最も多い手口の1つとして、クレジットカードを入力させる手口があります。このなりすましの場合、Amazonと名乗り、クレジットカード情報を入力させようと仕掛けます。

 

クレジットカードを入力すると、不正なクレジットカードの使用がおこなわれる可能性があるので注意が必要です。

 

この手のなりすましは、Amazonと似たようなページ構成でクレジットカード情報を入力させるケースがあります。

 

Amazonからこのような通知が届くことは支払いがうまく処理できない場合ありません。買い物をしていないのに、突然このような通知が届いた場合は詐欺だと思って無視するようにしてください。

 

更新切れの通知

Prime会員に加入している方の中には、月々の料金を支払わないまま放置すると、Prime会員としての資格を失効し無料会員に繰り下がってしまうという制度があります。

 

なりすましでは、この制度を悪用したメールを送るケースも珍しくありません。なりすましでは、このままアカウントを放置しておくと、アカウント停止するかもしれないと警告メールを送るケースがあります。

 

アカウント停止をされるのが嫌だと感じた方が、そのままアクセスして新たな更新情報を入力してしまうケースがありますが、注意が必要です。

 

Prime会員の料金が支払われなくても、それが原因でアカウント停止になることはありません。更新切れた。このままいくと会員の資格を失効すると強調している場合はAmazonではありません。

 

Amazonから送られてくる場合は、登録を解除しましたという旨のメールであるため注意するようにしましょう。

 

パスワード初期化の催促

パスワードを初期化するようにURLを送られてくる場合もあります。この手口はパスワード情報を調べる、個人情報を抜き取ることが目的なので注意をしましょう。

 

Amazonからパスワードの初期化を促すメールが送られてくることはまずありません。注意しましょう。

 

気をつけること

このようにさまざまな手口を使いあなたの個人情報を抜き取ろうと画策をします。このようなトラブルから回避するために、私たちはどのようなことに気をつける必要があるのでしょうか。ここからは注意すべきポイントをいくつか紹介していきましょう。

 

URLを確認

なりすましから送られてくるアカウントのURLは怪しいものが多いという特徴があります。とくにスマホのメールに届いたメールの中には、Amazonと名乗りながら、URLが明らかにAmazonではないというものも多く混ざっています。

 

URLをクリックする前に、必ずURLを確認しましょう。万が一アクセスしてしまった場合はすぐにページから離れてください。

 

Amazonから送られてきたURLかどうかわからないという場合は、URLをクリックするのではなく、Amazonにアクセスをしてアカウント情報を確認してください。

 

本当に更新手続きが必要な場合は、ユーザーに気づいてもらうような工夫が施されています。また、スマホから操作をしているのであれば、アプリをダウンロードしておくと、判断が可能になります。アプリに移行するのではなくネットに接続されるのであれば、なりすましアカウントの可能性があるので注意するように心がけましょう。

 

メールの宛先の確認

URLと合わせて確認すべき項目は、メールの宛先です。なりすましアカウントはメールアカウントが明らかにおかしいことがあります。たとえば、Amazonと名乗っているのに、Amazon@yahoo.co.jpと他のメールと組み合わせて送るケースです。

 

しかし、中には一瞬で判別ができないような設定をしているケースがあります。info@amazoon.co.jpは、一見するとAmazonから送られてきたメールと思ってしまいますが、そうではありません。よく確認すると、Amazonではなく、Amazoonなどと似た形式のドメインで偽装をしていることもあります。

 

公式アカウントから送られてくるドメインはいくつかありますが、それらは全てAmazon公式ページ内で紹介されています。不審に感じた場合は一度メール内容を確認してから操作をおこなうようにしてください。

 

クリックをしてamazonページに飛ばなければすぐにやめる

万が一URLを入力してしまった場合、Amazonの設定ページに移行しなければなりすましの可能性があるので注意が必要です。

 

しかし、最近は同じようなページ構成を作りAmazonサイトのなりすましをしている詐欺サイトも存在するので、メールとURLをダブルチェックして操作をするように心がけましょう。

 

万が一情報を送信してしまった場合

さまざまな対策を講じても、どうしてもアクセスをして個人情報を入力してしまった方は、慌てず次のような行動をとるように心がけてください。

 

クレジットカードを一時的に利用停止する

まずは被害を最小限に抑えるために、クレジットカードの利用をすぐに停止するようにしましょう。すぐに悪用されている可能性も考えられるので、スピーディーな対応が必要です。

 

Amazonと紐づけているクレジットカードは設定を変えるまでは使用しないようにしてください。また利用停止前に、カード会社に不正利用されていないか、事情を説明して確認してもらうように心がけましょう。

 

すべてのパスワードを変更する

パスワードを入力してしまった場合は、パソコンに侵入し不正アクセスを仕掛けられている可能性も考えられます。今使用している全てのパスワードを一度リセットし、別のパスワードを設定するように心がけましょう。

 

警察に被害届を出す

万が一被害に遭遇した場合はすぐに被害届を出しましょう。犯人が見つかる可能性がない場合もありますが、うまくいけば犯人を逮捕できる可能性があります。被害に遭遇してしまった場合はすぐに被害届を提出して対応をしましょう。

 

まとめ

Amazonのなりすまし被害に遭遇しないために大切なことは、冷静になって対処をすることです。メールが届いてきた段階から疑っていれば、被害を回避することが可能です。詐欺被害に合うとさまざま情報が抜き取られてしまい、電子ギフトなどを不正に使用される可能性があるので気をつけてください。

 

買取ボブではお客さまのさまざまなギフト券の買取をおこなっております。不正アカウントにギフト情報を抜き取られてしまう前に、余っているギフト券はぜひ弊社にお売りください。みなさまのご利用をお待ちしております。