買取申込はこちら


PAGE TOP

contact OPEN
CLOSE

MENU

コラム

ギフト券 KAITORIBOB ボブ

ウェブマネーの使い道は無限大!オススメの使い方9選を紹介

カテゴリ:電子ギフト券, コラム  投稿日:2020年2月13日

年齢や職業に関係なくコンビニで誰でも気軽に購入することが出来るウェブマネー(WebMoney)は、クレジットカードを持っていないという人や、ウェブサイト上でクレジットカード情報などの個人情報を入力するのは不安があるという人でも気軽に使うことが出来る便利な電子マネーです。

オンライン上のサービスに特化しており、オンラインゲームの課金方法として使われていることが多いと言われています。

しかし、中にはオンラインゲームを全くプレイしないという人もいますよね。そんな人の場合、手持ちのウェブマネーの使い道がないと悩んでしまうこともあるかもしれません。

実は、ウェブマネーにはかなり沢山の使い道があるんです!この記事ではその中でも特にオススメしたい使い方をご紹介させていただきたいと思います。手持ちのウェブマネーの使い方に困ってしまったという方は是非参考にしてみてくださいね。

ウェブマネーのオススメの使い道9選

ウェブマネーのような電子マネーとしては、有名なものでは「Amazonギフト券」「iTunesカード」「Google Playギフトカード」などがありますよね。しかし、これらの電子マネーの場合、どうしても利用出来る場所が限られてしまうというデメリットがありました。

Amazonギフト券の場合はAmazonでのお買い物に、iTunesカードはiPhoneユーザーのデジタルコンテンツ購入に、Google PlayギフトカードはAndroidユーザーのデジタルコンテンツ購入に利用することが可能ですが、間違って買ってしまった場合「使い道が全然ない」という状況に陥ってしまうことも。

しかし、ウェブマネーの場合はかなり使い道が沢山あります。この記事ではその中でも特にオススメしたい方法についてご紹介させていただきたいと思います。

  1. 映画館で映画を見る
  2. ファンクラブなどの会員登録に利用する
  3. グルメを楽しむ
  4. オンラインゲームを購入する
  5. 音楽・映画・ドラマを購入する
  6. 電子書籍を購入する
  7. ソフトやツールを購入する
  8. ブログやSNSのアイテムを購入する
  9. 寄付・募金する

以上がオススメの使い道です!ここからはそれぞれ1つ1つの使い道について詳しくご紹介させていただきたいと思います。

映画館で映画を見る

映画好きの人なら「ムビチケ」をご存知なのではないでしょうか?ムビチケとは、全国の映画館で利用出来るサービスで、インターネット上で座席指定をして映画のチケットを購入することが出来るというものです。

ムビチケのサービスに対応している映画館のウェブサイト上で座席指定することが可能となっており、鑑賞する当日に映画館の自動券売機で予めインターネット上で予約しておいたチケットを発券します。

今まで映画館というと現地でチケット購入の列に並びチケットを購入する必要がありましたが、ムビチケを使えば並ぶ必要がないだけでなく一般料金よりも最大400円お得に映画を鑑賞することが出来てしまいます。

この、ムビチケの支払いにウェブマネーを使用することが出来るのです!

インターネット上で使える電子マネーであるということで、まさか映画館で映画を見るための料金を支払うことが出来るとは思いませんよね。しかし、ムビチケを利用することでウェブマネーを使って映画館で映画を見ることが出来てしまいます!

ファンクラブなどの会員登録に利用する

ウェブマネーは様々な情報サービスの有料サービスにも利用することが出来ますが、中でも注目したいのが「ファンクラブ」です。現時点では、下記のファンクラブの支払いにウェブマネーを利用することが可能となっています。

  • L’Arc~en~Cielオフィシャルモバイルサイト
  • King Gnuオフィシャルモバイルサイト
  • E-girls公式モバイルサイト
  • カメレオモバイルファンクラブ

現時点ではウェブマネーが利用出来るファンクラブは限られていますが、今後もしかしたら利用可能なファンクラブも増えるかもしれません。

この他にも占いやカウンセリング、競馬・競輪・パチンコ、趣味のサイトでもウェブマネーを利用することが出来ます。

グルメを楽しむ

ウェブマネーは様々なショッピングにも利用することができ、グルメやスイーツも楽しむことが出来ますよ。電子マネーで購入する事が出来るものと言えば、実体のあるモノではなく、実体の無いデジタルコンテンツなどが定番でしたよね。

しかし、ウェブマネーの場合、下記のようなショップでグルメやスイーツを購入する際の支払い方法として利用することが可能となっています。

  • 広島三次ワイナリー オンラインショップ
  • 大阪王将 公式通販 本店
  • 川崎大師銘茶老舗 川崎京香園
  • Pro-coffeeShopYacuri
  • 細工かまぼこ.COM
  • TURBO OSAKA VARIETY SHOP

「もうデジタルコンテンツは必要ないなー」という人はこのようにショッピングに利用するのもオススメですよ。ジャンルも一つではなく、様々あるのでウェブマネーの残高や自分が気になる商品をチョイスすることが可能です。

グルメの他にもアウトドア、ファッション、コスメ、CD・DVD、雑貨、キャラクターグッズ、タレントグッズなど様々なジャンルのショッピングを楽しむことも可能です。

オンラインゲームを購入する

そもそもオンラインゲームをやっていないのでオンラインゲームに課金することがない。そんな人はこれを機にオンラインゲーム購入して、遊び始めてみるというのもいいかもしれません。。

ウェブマネーを利用することが出来るオンラインゲームは294個もあるため、探してみれば何か気になるゲームが見つかるかもしれませんよ。

音楽・映画・ドラマを購入する

気になる音楽や映画、ドラマがあるという人はそれらを購入するというのも一つの手ではないでしょうか。ウェブマネーは数多くのサービスに対応しており、音楽配信サービスなら22ヶ所、映画やドラマの配信サービスなら40ヶ所のサービスで利用することが出来るようになっています。

これだけ沢山の選択肢があれば、自分が観たい作品、聴きたい作品もきっと見つかるのではないでしょうか。

電子書籍を購入する

今は実際に本や雑誌を購入せずに、電子書籍を購入してスマホやタブレット、Kindleなどの電子書籍リーダーで本を読む人がかなり増えていますよね。

ウェブマネーを利用することが出来る電子書籍が読めるサービスは52ヶ所あります。

  • めちゃコミック
  • 小学館eコミックストア
  • 少年ジャンプ+
  • ヤングジャンプ定期購読WEB
  • まんが王国
  • ブックパス
  • ebookjapan
  • 白泉社e-net!
  • 電子貸本Renta!
  • コミックシーモア

上記のような有名な電子書籍サービスが沢山ありますので、読みたい漫画などがある方は電子書籍を購入するのもオススメです。

ソフトやツールを購入する

ウェブマネーでは実は、ツールやソフトなども購入することが可能です。セキュリティ、グラフィック、モバイル、ゲームソフト、ホビー、ユーティリティ、インターネットなどその種類も様々なので、便利なソフトやツールを購入したいという方はこちらをチェックしてみるのもおすすめですよ。

ブログやSNSのアイテムを購入する

ブログやSNSをやっている人ならば、アバターなどのアイテム購入を行うこともありますよね。そんな時の支払い方法としてウェブマネーを利用することが可能となっています。

mixi、LINE STORE、GREE、ディズニーゲームズ、mobage、ヤプログ!など様々なブログ・SNSで利用することが可能となっていますので、アイテム購入をしたいと考えていた方はこのようなサービスでウェブマネーを利用するのもオススメですよ。

寄付・募金する

他の電子マネーにないウェブマネーの大きな特徴、それが「寄付や募金が出来る」ということです。現時点でウェブマネーでの寄付や募金を行う事ができるのは下記の場所となっています。

上記で様々なウェブマネーの使い道をご紹介させていただきましたが、それでも1つも使いたいサービスがないという方は寄付や募金を行うのもいいかもしれません。

まとめ

オンラインゲームの課金手段として頻繁に用いられることのあるウェブマネーですが、実はこんなにも沢山の使い道があるんです!デジタルコンテンツやオンラインゲームの購入だけでなく、グルメ・スイーツの購入や映画館のチケットの購入、更には寄付や募金まで出来てしまうなんてびっくりですよね。

今回ご紹介させていただいた使い道の中で、もし気になるものがあれば是非チェックしてみてくださいね。なお、キャンペーンやイベントなどのノベルティなどではない通常のウェブマネーは有効期限がないため、無理に使わなくても使いたい時が来るまで取っておくことも出来ますよ。