買取申込はこちら


PAGE TOP

movei contact OPEN
CLOSE

MENU

コラム

ギフト券 KAITORIBOB ボブ

ギフト券を買取してもらう際に不安を感じる方へ!不安を解消するポイント

ギフト券の買取とは

ギフト券はいわゆる金券です。たとえば誕生日などで友人や知人にプレゼントをする際、相手の好みのものがわからなかったりすると、結果的にお互いに困ってしまうかもしれません。もちろんプレゼントですから贈ってくれたこと自体が嬉しいのですが、扱いに困ってしまう場合も考えられます。そんなときにギフト券は大変効果的なのです。

 

現金を渡すのはあまりに露骨な行為ですので、現金の代わりとして使ってもらうことの出来るギフト券をプレゼントすることで、相手はその金額分好きなものを手に入れることができるというわけです。その汎用性の高さから、いまではプレゼントの定番であるといっても過言ではないでしょう。

 

ただしギフト券では基本的に使用できるお店が決まっていますので、場合によっては使うことが出来ずに持て余してしまうということも考えられます。その解決策の一つが『買取』です。

 

ギフト券の買取を行っているお店に持ち込む、あるいはネット上で受付をしてもらうことになります。まずは買取を実施しているお店探しから始まりますが、お店によって取り扱いをしているギフト券に違いがありますので、買取をしてもらいたいギフト券を取り扱っているか事前に確認しておくことが大切です。お店が見つかったら、査定を行いましょう。

 

ギフト券の金額そのまま100%の金額で買い取ってもらえることはほとんどありません。査定によってギフト券の種類、金額、枚数から、実際の買取金額の概算を算出します。査定金額に納得がいかなければ、他のお店で査定を行い、納得ができる買取額を提示してくれたお店で買い取ってもらうといいのではないでしょうか。

 

実店舗での買取であれば、その場で現物と現金の受け渡しを行います。ネット上での買取の場合には、ギフト券記載のコードをお店側に共有し、確認ができ次第振込によって買取金額を手にすることになります。

 

お店の評判が気になってしまう

ギフト券の買取に対してよくないイメージを持たれている方も少なくないかもしれません。非正規のルートでの取引になるため、ダフ屋などのように胡散臭い印象を感じてしまい、初めて利用する方にとっては騙されてしまうのではないか、という不安がきっと浮かんでしまうでしょう。たしかに過去には詐欺のような行為を行っていたお店もあるようです。

 

とくにネット上での取引の場合、買取希望のお客様側が先にギフト券のコードを提示する流れになります。そのためギフトコードが未使用であると確認が取れた時点で、お店側が本来行うべき買取金額の振込をせず、そのまま逃げてしまうという手段が横行していました。

 

そうなってしまうとタダでギフト券を無駄にしてしまったのと同じですので、その被害と失望は計り知れません。では騙されることなく買取をしてもらうことは出来ないのかというと、そんなことはありません。

 

買取をしているお店やサイトを選ぶ際に以下の点に注意しておくと安心できるでしょう。

 

古物商許可がおりている

ギフト券に限らず、中古品をレンタルや買取販売など取り扱うためには、管轄の公安委員会によって許可されている必要があります。これは古物営業法によって定められていることですので、古物商として許可を得ていない場合には明らかな違法です。これは最低限の条件となりますので、古物商許可に関する明確な記載や告知がないお店では買取は避けましょう。

 

身分証の確認を行っている

買取をしてもらう側からすると、お店側に自分の身分証の確認をされてしまうこと自体が不安に感じてしまうかもしれません。しかし古物商には取引の際本人確認をするという義務が課されています。むしろ本人確認をしていないことが違法である可能性もあるのです。商品や金額によっては必須ではないものの、基本的には身分証の確認をしているお店はしっかりとしていると思って間違いないでしょう。

 

買取レートが高すぎない

買取レートが高ければ高いほど、買い取ってもらう側としては嬉しいものです。しかし明らかに買取のレートが高すぎる場合には警戒しましょう。買取のレートが高いほど、買取を行う店側には利益が残りません。にもかかわらず97%などのように極端に買取レートが高すぎる場合、引きを強くするために餌である可能性が高いのです。いくつかのお店やサイトで査定をし、相場価格をなんとなくでも把握したうえで判断することをおすすめします。

 

買取をしてもらうことの違法性

ギフト券をお店に買取してもらうこと自体が違法なのではないか、と思われている方もいるでしょう。しかしそれ自体に違法性はありません。もちろん先述の通り古物商許可を得ていないにもかかわらず、買取を行っているのであればアウトです。

 

しかししっかりと公安委員会の許可が下りているのであれば、正式な取引となりますので問題はありません。ただしギフト券自体の取り扱いという意味での違法性については、解釈によって別れる部分でもあります。

 

ギフト券にはそれぞれ発行元によって利用に関する規約というものが設けられています。ギフト券の価値を守るためのものでもあるので、その規約に引っかかっていなければ一切問題はないので安心してください。

 

ギフト券などの金券を買取してもらうことに違法性を感じてしまう原因としては、『ダフ屋などによるチケットの転売』にあるのではないでしょうか。混同されがちですが、コンサートやスポーツ観戦のチケットの転売は違法です。これはチケット不正転売禁止法によって定められていることです。

 

しかし金券の転売そのものは違法ではありませんので、似たようなものとして捉えてしまい、違法であるかのようなイメージが付いてしまっているのではないでしょうか。つまりギフト券を買い取ってもらうことに関しては違法ではありません。

 

また買取自体が違法である場合には、街中にギフト券の買取ショップは存在できないでしょう。しっかりと法に従って、正しい手続きを踏んでいれば問題はないことの証明でもあるのです。あとは買取をしてもらう側がしっかりと見極めることで、悪質な買取店を避け、安心できるお店で買取をしてもらえばいいというわけです。

 

買取完了までの所要時間

買取をしてもらう側の方からすると、買取をしてもらう際の所要時間も気になる部分ではないでしょうか。とくに初めての場合ですと、用意すべきものや必要となる手順が多くなりがちな印象もありますので、何日もかかってしまうのでは面倒ですので敬遠してしまうかもしれません。しかし実際のところほとんどの買取店ではスピーディな対応を心がけてくれています。

 

やはり手続きは簡潔であることが一番ですので、最低限欠かすことのできない本人確認や査定などを除き、無駄な工程は一切ありません。また実店舗の場合には営業時間がありますので、深夜などでは買取を実施していないかもしれません。

 

しかしネット上での買取の場合には24時間対応を行っているケースもありますので、夜になってふと買取を思い立ったとしても頼りになるのではないでしょうか。内容によっても違いはあるものの、最短で10分ほどで手続きが完了しますので、手軽に買い取ってもらうことが可能なのです。

 

買取金額の振り込みに関しても、即日対応であるお店も多いので、最短で入金の確認をすることが出来るでしょう。振込までの時間がかかってしまうとどうしても不安が強くなってしまうので、即日というのは多くの方にとって安心材料となるのかもしれません。

 

まとめ

ギフト券の買取は問題がない行為ですので、安心して買取をしてもらいましょう。ただし古物商の許可が降りているのかなど最低限の確認は必須です。買取ボブではもちろん古物営業の許可を得ておりますし、24時間買取受付を行っていますので、いつでも気軽に買取可能です。もし買取をお考えでしたら、まずは査定からお試しください。