買取申込はこちら


PAGE TOP

movei contact OPEN
CLOSE

MENU

コラム

ギフト券 KAITORIBOB ボブ

安くて必要な機能がそろっていると評判のAmazon Photoとは

カテゴリ:Amazonギフト券買取, アマゾンショッピング, コラム  投稿日:2020年6月10日

Amazon Photoのサービス

Amazonプライムは年会費4,900円、月額料金では500円で、この中にAmazon Photoが含まれています。Amazonプライムはサービスが充実しているため、Amazon Photoも、同じように満足できるサービスの多さが評価されています。

 

大量に写真を保存できる

Amazon Photoユーザーが多い理由は次のとおりです。

 

  • 高画質の写真を保存できる
  • 大量に写真を保存することも可能

 

このようなサービスは他社でも対応していると思われるでしょうが、実際は次のような問題を抱えていることが多いため、現状ではAmazon Photo以上のサービスが見つかりません。

 

  • 求められているサービスに達していない
  • 大量に写真を保存することが不可能
  • 追加料金が発生する

 

高画質保存は無理なのでAmazonプライムより安い料金、もしくは大量のデータ保存に向いていないため、サービスの質が良いと評価できるサイトが少ないのです。SNS自体も最近になって知名度が上がったことから、フォトサービスに力を入れている業者は少ないのが現状です。

 

自動バックアップ機能がある

Amazon Photoは、他のサービスとは異なり余計な制限が設けられていません。そのため、次のようなサービスもベーシックプランのまま利用できます。

 

  • 無制限で画像の保存が可能
  • 細かい料金設定になっていない
  • 最初から自動保存機能あり

 

パソコン・スマホで画像の保存を行う際は、ストレージと呼ばれる容量を気にしないといけません。パソコンであれば1TB以上のストレージを持つものが多いため、画像の保存で苦労することは少ないでしょう。しかしスマホの場合は、すぐにストレージの空きがなくなってしまうため、Amazon Photoを利用する人が多いのです。

 

Amazon Photoの場合、追加料金が発生することなく自動保存機能を使えるので、無くしたくない画像データを簡単に保存できます。補足として、スマホとAmazon Photoを連携させられるので、自動アップロードからのバックアップも可能です。

 

つまり、スマホユーザーは自動でバックアップされるAmazon Photoとの連携で、好きな写真撮影と保存を行い続けられるというわけです。

 

使い方によっては情報を共有できる

Amazon Photoは、次のような情報共有システムを搭載しているサービスでもあります。

 

  • Web上で情報共有
  • スマホ、タブレット端末で情報共有
  • パソコン同士で情報共有

 

パソコン同士での情報共有は、外付けハードディスクでもできますが、外付けハードディスクでは他者に中の情報をすべて見られてしまう危険性があります。しかしAmazon Photoは、Amazonアカウントによるログインが必要で、プライベートな情報は見られないように設定できます。

 

現在、広く利用されている各種デバイスからのアクセスがAmazon Photoであれば利用不可というケースが少ない点も、Amazon Photoユーザーが多い理由でしょう。ちなみに、デジカメ・一眼レフカメラで撮影された画像データも、Amazon Photoなら高画質で保存することが可能です。

 

なお、このようなサービスは、一部の業者でしか対応していないのでご注意ください。

 

Amazon Photoの詳細情報

料金体系で見ても、Amazon Photoは優れていることがわかります。

 

また、今ではunlimitedのプランが終了しているので、こちらも理解した上でAmazon Photoを利用するようにしましょう。現在のAmazon Photoの場合、複数のストレージプランから使用容量に合わせて選べるようになっています。またAmazon Primeの会員の場合には、写真は無制限でストレージを利用可能です。

 

必要なサービスがそろっている

現在のAmazon Photoには、次のような特徴があります。

 

  • 保存は無制限で無圧縮
  • 好きなデバイスで自由に使える
  • デバイス破損の際も安心

 

データを無圧縮モードのまま保存すると、ストレージを多く使ってしまうのですが、Amazon Photoでは無制限のまま無圧縮の保存が可能です。これはAmazon Photo特有のサービスなので、他の業者では対応していないことの多いサービスでもあります。

 

補足となりますが、一般的なストレージサービスでは「容量別でプランが決まっている」ので、使用容量が多い人ほど、高いプラン料金を支払わないといけません。つまりAmazon Photoは、ストレージプランにお金をかけたくない人にうってつけのサービスなのです。

 

これだけでも利用する価値はあるのですが、Amazon Photoは、パソコン・スマホ・タブレット端末で自由に利用できるようになっています。

 

しかもAmazon Photoは、クラウド型のストレージサービスを提供しているので、パソコン・スマホなどのデバイスが破損してしまっても、情報そのものの紛失にはつながりません。クラウド型は「サーバーに情報がバックアップされる」ため、デバイスに情報を蓄積する必要が無いのです。

 

クラウド型は、情報保存用の端末(外付けハードディスクなど)も必要ありません。つまりAmazon Photoは、スマートな環境下で画像データのやり取りができる強みがあります。データのセキュリティについてもAmazonが対応してくれるため、安心してデータを保存・共有できるのも強みと言えるでしょう。

 

Amazon Photo利用時の注意点

Amazon Photoは、あらゆる点で優れているように感じますが、欠点もあるので注意してください。

 

  • 共有可能人数は最大5名
  • 動画はサービスの対象外

 

Amazon Photoは、ストレージサービスを通じてデータの共有を図ることができます。ですが、こちらは無制限になっていないので注意が必要です。Amazon Photoは、最大5名でデータの共有を図ることができるため、家族や親友など、親しい関係同士でデータの共有を図ったほうが良いでしょう。

 

Amazon Photoは、「画像」に対してストレージサービスを提供しています。動画、もしくは画像以外のデータファイルの保存・共有を行う場合、「制限あり」となるので注意してください。

 

補足となりますが、動画の保存容量は「5GB」の制限付きとなっています。ただし、追加料金を支払うことによって、保存容量を追加して利用することは可能です。Amazon Photoは、このようなサービス形態を取っているのですが、他の業者でも同様の対応を取っています。

 

料金が高いストレージサービスでは、最初から1,000円以上のプランに加入しなければいけないケースもあります。そのため、なるべく利用料金を抑えてストレージサービスを利用したい場合は、Amazon Photoを選択されたほうが良いでしょう。

 

Googleフォトと併用可能

Amazon Photoと似たサービスを行っているのがGoogleフォトで、GoogleフォトはAmazon Photoとは違い、有料・無料のサービスを選べるようになっています。Googleフォトは次のようなサービスに対応しており、Amazon Photoと分けて活用することが可能です。

 

  • 検索機能あり
  • 無圧縮モードを選べる

 

無圧縮モードを選ぶと有料になり、価格は年間でも14,000円とかなり高く、Amazon Photo並みの価格で利用することはできません。とはいえ「高品質モード」を選択すれば無料なので、検索機能ありのフォトサービスを利用したい場合は、Googleフォトというように使い分けられます。

 

まとめ

Amazon Photoとは、Amazonプライムに組み込まれているフォトサービスです。Amazonプライムは年会費4,900円が発生する代わりに、プライム会員専用の特典が発生し、フォトサービスについてもほぼすべてのサービスが年会費に含まれています。

 

買取ボブでは、そんなAmazon Photoも含めAmazon全般のサービス案内を行っています。そのため、これからAmazonを利用したい人にとって役立つ情報が満載のサイトです。また買取ボブではAmazonギフト券の買取に力を入れております。使わないギフト券があるという方は、まずはホームページをご覧ください。