買取申込はこちら


PAGE TOP

contact OPEN
CLOSE

MENU

コラム

ギフト券 KAITORIBOB ボブ

電子ギフト券の買取率が一番高いのは?4つの換金方法を詳しく解説!

カテゴリ:コラム  投稿日:2019年9月24日

今までに一度でもAmazonギフト券、iTunesカード、楽天ポイントギフトカード、nanacoギフトカードなどを使ったことはありますか?使ったことはなくても、見たことはあるという人がほとんどだと思います。

電子マネーが普及し、多くの人が電子マネーを当たり前のように毎日使っている現代で広く普及され人気を集めているのがAmazonギフト券、iTunesカード、楽天ポイントギフトカード、nanacoギフトカードなどの「電子ギフト券」です。

様々な種類があり、種類によっても使われるシーンや使い方が異なる電子ギフト券ですが、便利に利用している人も多い反面、全く使わないという人や電子ギフト券よりも現金として利用したいと考えている人も少なくありません。

そこで考えるのが「電子ギフト券を換金する」ということではないでしょうか?電子ギフト券には4つの換金方法が存在していますが、結論から申し上げますと、最もお得に電子ギフト券を換金する方法は「買取サイト」を利用することです。

  • 電子ギフト券とは一体どんなもの?
  • 電子ギフト券の種類
  • 4つの電子ギフト券換金方法
  • 電子ギフト券を換金する最も優れた方法「買取サイト」

以上について詳しくご紹介させていただきたいと思います。これからお手持ちの電子ギフト券を換金したいと考えている方は是非この記事を参考にしてより高く電子ギフト券を換金してみてくださいね。

電子ギフト券とは?

SuicaやPASMOなど、交通機関やコンビニ、対応のお店で実際のお金と同じように遣うことが出来る「電子マネー」は現金をチャージしてキャッシュレスで買い物が出来るものです。

電子ギフト券も電子マネーと似たシステムで、Amazonギフト券ならAmazonで、iTunesカードならiTunesや関連したサービスでお金と同じように利用することが出来るものです。

先払いのプリペイドカードとなっている電子ギフト券は先にお金を支払って電子ギフト券を入手し、オンラインショッピングの自分のアカウントに電子ギフト券のコードを登録することで購入分の金額がインターネット上で使えるようになります。

Amazonや楽天は品揃えも多く、誰かにプレゼントを送りたいものの何を送ればいいのかわからないという場合にAmazonギフト券や楽天ポイントギフトカードをプレゼントしたり、パーティなどの景品として使われることが多くなっています。

電子ギフト券の種類

電子ギフト券には現在かなり沢山の種類がありますが、下記ではその中でも特に需要の多い電子ギフト券をご紹介します。

  • Amazonギフト券
  • iTunesギフトカード
  • 楽天ポイントギフトカード
  • Google Play ギフトカード
  • ニンテンドープリペイドカード
  • Lineプリペイドカード
  • nanacoギフトカード

このような電子ギフト券にはそれぞれの電子ギフト券ごとに異なる特徴を持っていますが、3つの共通点があります。

  1. 現金で購入することが出来る
  2. 先払いのプリペイドカード
  3. コードをアカウントに登録することで購入分の金額がチャージされる

クレジットカードの場合、作れなかったりそもそも持っていないという人もいますが電子ギフト券なら自分のアカウントにコードを入力するだけで誰でも気軽に買い物を楽しむことが出来ます。

使い方も簡単で、それぞれのサイトの自分のアカウントにログインし、電子ギフト券のコードを入力する項目にコードを入力するだけでオッケー!チャージされた金額の中で自由に商品を購入したり、サービスを楽しむことが出来るのです。

電子ギフト券の換金方法は4種類

このようにオンラインショッピングなど、インターネット上のサービスで自由に利用する事ができる電子ギフト券ですが、電子ギフト券は使わないという人や、オンラインショッピングよりも現金として使いたい…そう考えている人も少なくありません。

そこで考えられるのが電子ギフト券を現金化するということです。電子ギフト券は実際のお店の店舗に持っていったとしても使うことが出来ず、アカウントにコードを登録することで初めて利用することが出来るようになります。そのため、そのままでは現金として使うことは出来ないのです。

そんな電子ギフト券を現金化したいと思った時に考えられる換金方法は全部で4種類あります。ここからはそんな電子ギフト券の換金方法について詳しく解説していきたいと思います。

換金方法その1「店舗買取業者」

まずは多くの人が思い浮かべるであろう、金券ショップです。大黒屋やアクセスチケットなどの大手金券ショップの名前は聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

金券ショップのような店舗買取業者は商品券や映画のチケットなどの買い取りを行うことで知られていますが、実は多くの店舗買取業者は電子ギフト券の買い取りを行っていないのです。

電子ギフト券の中でももっとも需要が高く買取率が高いと言われているAmazonギフト券でも買取をしてくれる店舗買取業者は全国で14店舗、iTunesカードの場合は12店舗しか存在していません。

【Amazonギフト券取り扱いの店舗買取業者14店舗】

  1. 日本海チケット(秋田)
  2. 大吉(埼玉)
  3. アマゾンギフト新宿西口(東京)
  4. ギフトザウルス(神奈川)
  5. チケットセンター名駅本店(愛知)
  6. チケットセンター黒川駅前店(愛知)
  7. チケットセンター千種駅前店(愛知)
  8. チケットセンター池下駅前店(愛知)
  9. チケットセンター大曽根駅前店(愛知)
  10. チケットセンター春日井店(愛知)
  11. チケットセンター小牧駅前支店(愛知)
  12. アイギフト(大阪)
  13. 買取コム(大阪)
  14. 買取の殿堂プレミアム(奈良)

【iTunesカード取り扱いの店舗買取業者12店舗】

  1. アマゾンギフト新宿西口(東京)
  2. チケット秋葉原(東京)
  3. チケット浜松町(東京)
  4. 得々市場 小岩店(東京)
  5. チケットセンター名駅本店(愛知)
  6. チケットセンター黒川駅前店(愛知)
  7. チケットセンター千種駅前店(愛知)
  8. チケットセンター池下駅前店(愛知)
  9. チケットセンター大曽根駅前店(愛知)
  10. チケットセンター春日井店(愛知)
  11. チケットセンター小牧駅前店(愛知)
  12. アイギフト本店(大阪)

店舗買取業者の場合、対面での買取のため安心感とすぐに現金を手にすることが出来るというメリットもありますが、そもそも買取してくれる店舗が少ないというだけでなく買取条件が厳しい、買取率が低いというデメリットも存在しています。

デメリット
  • 買取率が低い
  • 取り扱い店舗が非常に少ない
  • 買取条件が厳しい

換金方法その2「ネットオークション」

電子ギフト券はヤフーオークションや楽天オークションなどのオークションで出品して換金することも可能です。実際にオークションサイトを普段から利用しているという人は電子ギフト券が出品されているのを目にしたことがあるかもしれません。

ネットオークションのメリットとしては自分で出品額を決めることが出来るという部分です。極端な話、購入金額と同じ100%の金額で出品してもいいし、購入金額を超える金額で出品することも可能なわけです。

しかし、ネットオークションには既に格安の電子ギフト券が数多く出品されています。そんな中で高い金額で出品しても誰も購入してくれませんよね。ネットオークションではこのように自分で金額を決めることができるメリットだけでなく、売れないかもしれないというリスクもあります。売れなければいつまでも現金化が出来ないため、早めに現金化したいという時にはネットオークションは避けるべきだと言えます。

また、見落としがちなのがネットオークションサイトの利用料金や出品手数料などの手数料です。せっかく高く売ってもこれらの手数料がかかってしまったことで結局低い買取率になってしまったというケースも少なくありません。

デメリット
  • 手数料や送料がかかる
  • 評価や取引回数が影響する
  • 売れるタイミングは購入者次第のためいつ現金化出来るかわからない

換金方法その3「電子ギフト券売買サイト」

電子ギフト券売買サイトとは、登録したユーザー同士で電子ギフト券の売買を行うサイトのことです。ネットオークションやメルカリなどのフリマサイトに似ていますが、電子ギフト券売買サイトとはつまりそれらの電子ギフト券専門サイトということになります。

換金したい電子ギフト券を出品することで、電子ギフト券を購入したい人が買ってくれます。電子ギフト券が欲しいという人は通常の価格よりも安く購入することが出来、換金したいという人は購入者が支払った金額分を現金として受け取ることが出来るという仕組みですが、電子ギフト券売買サイトでは出品手数料などの手数料がかかるためその分結果的な買取率は下がってしまうというデメリットも存在しています。

デメリット
  • 出品手数料などがかかる
  • 現金化可能金額が低い
  • 売れるタイミングは購入者次第のためいつ現金化出来るかわからない

換金方法その4「電子ギフト券買取サイト」

電子ギフト券買取サイトとは、電子ギフト券などの買取を専門に行っている業者に電子ギフト券を買い取ってもらうことが出来るサイトのことです。

業者に買い取り申し込みをすることでその時の買取相場金額で電子ギフト券を買い取ってもらうことが出来ます。電子ギフト券の買い取りに特化した電子ギフト券買取サイトの特徴として、買取率が高く、振込までのスピードが早いという特徴があります。

デメリット
  • 悪徳業者に注意する必要がある

買取サイトが最も優れた電子ギフト券換金方法である理由

以上のことからも電子ギフト券を換金したいならダントツで買取サイトがお得だということがわかります。

買取サイトは電子ギフト券の買取に特化しているため、その分買取率も高くなり申し込みから振込までのスピードも早くスムーズに安心して電子ギフト券を買い取ってもらうことが可能なのです。

買取率が高い

まず、買取サイトの特徴として他の方法よりも買取率が高くなってます。電子ギフト券の種類によって70~95%と変動はするものの、どの電子ギフト券でも高い買取率を実現。

また、優良買取サイトの場合は振込手数料が無料のところも多くなっています。そのため、買取の際に提示された%分の代金が全て口座に振り込まれることになり、安心して換金してもらうことが出来ます。

24時間365日対応

買取サイトは店舗買取業者のように実際の店舗はありません。インターネット上で営業しているため、24時間365日いつでも対応可能となっており、深夜でも早朝でも自分のタイミングで電子ギフト券の買取申し込みを行うことが可能です。

仕事で忙しくて時間が取れないという場合でも買取サイトならこちらの都合でマイペースに現金化してもらうことが出来ますよ。

スマホ・パソコンでいつでも申し込み可能

買取サイトはスマホやパソコンから手軽に買い取り申し込みを行うことが出来るという点も大きな魅力の1つです。通学や通勤の途中の電車やバスの中でも、自宅に居ながらでもいつでも好きな時に買い取り申し込みをすることが出来ます。

外に出なくても自分が「換金したい」と思い立った時に換金してもらえるというのはかなり大きなメリットと言えますよね。

デメリットは無くすことが可能

買取サイトの唯一とも言えるデメリットは悪徳サイトに注意する必要があるということです。しかし、このデメリットは悪徳サイトを見極めて優良買取サイトのみを利用することで無くすことが出来ます。

買取サイトはかなり沢山の種類のサイトがあり、そのどれもが1つ1つ個性を持っていますが、中には詐欺行為を行っている悪徳サイトも存在しています。

  • 古物商営業許可があるか
  • 運営会社情報はきちんと記載されているか
  • サポートセンターの対応は丁寧か
  • 電話対応は行っているか
  • サイトの作りが雑ではないか

悪徳サイトではないかどうかということはこれらの点を見ることで見分けることが出来ます。相場より明らかに高すぎる買取率を提示しているサイトにも注意が必要です。

気になった場合は電話で問い合わせてみましょう。悪徳サイトの場合、騙すのが目的なためサポート対応もいい加減だということが少なくなく、問い合わせても返答がない場合があります。

まとめ

電子ギフト券について、そして電子ギフト券の買取方法、買取率の高い換金方法についてご紹介させていただきました。

電子ギフト券の換金方法には様々な方法がありますが、そもそも全国的に見て取り扱っている店舗が少ない店舗買取業者は電子ギフト券の買取には向いていないと言えるでしょう。

その点、買取サイトは電子ギフト券の買取に特化しており、ネットオークションや売買サイトのように他の第三者を挟むこともないため素早い現金化を実現することが出来ます。

気をつけるべきポイントに注意しつつしっかりと見極めてより高く電子ギフト券を換金してもらいましょう。