買取申込はこちら


PAGE TOP

movei contact OPEN
CLOSE

MENU

コラム

ギフト券 KAITORIBOB ボブ

Amazonを利用すると「デリバリープロバイダ」から届く?デリバリープロバイダとは

カテゴリ:アマゾンショッピング, コラム  投稿日:2020年6月17日

Amazonの配送業者

Amazonは、提携している配送業から商品を発送しています。Amazonといえば「ヤマト運輸が配送しているのでは」と思うかもしれませんが、ヤマト運輸もAmazonの提携先のひとつです。そのため必ずしも、ヤマト運輸が配送するわけではありません。Amazonはどんな会社が配送をしているか、提携している業者はどこなのかを公式サイトで公開しています。

 

Amazonの公式サイトには「配送業者の連絡先」というページがあり、会社名や連絡先が一覧で公開されているのです。この一覧でみると、名前を聞いたことがあるような、よく知られている会社名が並んでいます。またその一覧の下の注記をよく確認してみると、次のように記載されているのです。

 

「上記に列挙されていない、Amazon.co.jpと提携する配送業者を総称してAmazonと表示しています。こうした各配送業者に関するお問い合わせは、Amazonカスタマーサービスが承ります。」

(参照 Amazon公式サイトURL:amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html/ref=aw?ie=UTF8&nodeeid=201910090)

 

つまり一覧で公開されている配送業者のほかにも、提携している配送業者はあるのですが、それらはAmazonと総称されてしまっているわけです。そのため実際に「配達してくれた人が乗ってきた車を見たら、聞いたこともない会社名だった」ときには、Amazonとして総称されている業者が届けているはずです。この配送業者連絡先一覧には記載されていない配送業者は、デリバリープロバイダといわれます。

 

デリバリープロバイダって何?

デリバリープロバイダとは各地域での配達を行う業者で、配達を対応するエリアを限定している中・小規模の会社となります。Amazonはこのデリバリープロバイダを活用し、増加する注文に対応しているのです。

 

商品を注文する人や回数が増えることは、配送先(地域)や配送回数も増加します。配送業界では人手不足などから配送料の値上げなどがあり、大手の配送業者のみで増え続ける配送をまかなうことは厳しい状況となっています。そこでAmazonは、全国展開をしている配送業者のみではなく、各地域で営業をしている配送業者と提携して、全国各地での配送を行っているのです。

 

デリバリープロバイダには問題がある?

配送業界の事情もあり、Amazonでは各地のデリバリープロバイダと提携しているため、すでにそういった配送業者からの配達を経験している方も多くいることでしょう。このデリバリープロバイダについては、さまざまな評判があります。SNS上では指定時間通りに荷物が届かない、不在票が入っていなかったので受け取りが遅くなった、対応が雑で不安などネガティブなものが多く見受けられます。

 

こういったいわゆるクレームのようなものが多くなってしまう要因には、「デリバリープロバイダによりサービスレベルや配送スタッフの人数、再配送のシステムなどが異なるため、全国でほぼ同じような対応にはならない」ことがあるといえるでしょう。しかしあくまでも各デリバリープロバイダの状況によるうえ、すべてのデリバリープロバイダの対応が悪いのではありません。

 

普通の対応でも大手の配送業者とサービスを比較すると、なにか違うと感じてしまうこともあるでしょう。デリバリープロバイダによっては個人宅への配送を行っていなかったところが、新たな業務としてAmazonの配送を請け負うことにしたためというケースもあります。

 

いずれにしても今後さらにネットショップ市場が拡大し、利用者や利用頻度が増えてくるとしたら、より多くの商品を多くのエリアへ届けなくてはなりません。デリバリープロバイダが配送を担うところが増えてくると考えられますし、新規参入も増えることも考えられます。

 

Amazonでの配送指定について

Amazonで注文をする際には、発送業者の指定はできません。またAmazonではそのような提携デリバリープロバイダのことを総称してAmazonと表示しますので、事前に配送業者名がわかることはありません。

 

配送に関しては「お急ぎ便」「お届け日時指定便」「通常配送」などがありますが、条件を満たした場合に日本国内は無料となる「通常配送」の場合に、デリバリープロバイダによる配送となることが多いとみられます。「通常配送」では日時指定はできませんので、状況によって翌日届くこともあれば、1週間ほどしてから届くこともあります。いつごろ届くのかは配送状況を確認できるはずですが、デリバリープロバイダが対応している場合に、この状況が正確ではないこともあるようです。

 

日時を含めて確実に荷物を受け取りたい、受け取れないと困ってしまうというときには、条件により有料にはなりますが「お届け日時指定便」にするほうがよいでしょう。一部のデリバリープロバイダも対応をしているといわれていますが、配送状況の追跡がしっかりできるなどのデリバリープロバイダへAmazonも委託しているようです。また「そういうことなら自分で受け取りをしたほうがよい」と考えるなら、コンビニ店舗の店頭で商品を受け取る方法を選択することも考えられます。

 

デリバリープロバイダによる配送で注意したいこと

デリバリープロバイダによる配送では、配送状況の追跡情報履歴の反映が遅かったり、配送時に不在だった場合の再配達の連絡がスムーズでなかったりといったことがあるようです。配達状況の追跡ができない、というときはAmazonのカスタマーサービスに連絡しましょう。カスタマーサービスは、デリバリープロバイダに対する相談の受付先となっていますので、デリバリープロバイダの対応などのトラブルがあった場合の連絡先ともなっています。

 

荷物が再配送となった場合には、大手業者とは対応が異なる場合がありますので、きちんと確認をしましょう。デリバリープロバイダによっては、再配送を依頼できる時間帯が決まっている、ウェブでは再配送手続きができず電話での連絡が必要なこともあります。

 

まとめ

Amazonは商品を安く購入できて、送料も無料だから便利と利用する方も多いかもしれません。配送業者は選べないので配送方法を選択する際に、注文した商品をいつまでにほしいのか、自分自身で確実に受け取りをしたいのかなどをしっかりと検討しましょう。デリバリープロバイダによる配送の場合に、どうしても困ることがあったらAmazonのカスタマーサービスへ連絡をしましょう。

 

Amazonなどをよく利用されている方は、お手元にAmazonギフト券があるかもしれません。お手元に、Amazonギフト券はじめとしたギフト券があるが、ギフト券だと使用できるお店なども限定されているし、どう使うか悩んでいることはありませんか。そういったときには、ギフト券買い取り率が業界トップクラスの買取ボブへご相談ください。買取ボブはウェブですべての手続きができる、老舗の古物営業許可店です。365日24時間営業、スタッフが迅速に対応いたします。外出することなく、ウェブですべてのお手続きを最短10分でご利用いただけるシステムとなっていますので、ぜひご利用ください。お問い合わせもお待ちしております。