買取申込はこちら


PAGE TOP

movei contact OPEN
CLOSE

MENU

コラム

ギフト券 KAITORIBOB ボブ

Amazonカードの自動リボ払いを解除せずに対策するたった1つの方法を紹介

カテゴリ:コラム  投稿日:2020年2月22日

Amazonと三井住友カード株式会社が提携して発行しているAmazon Mastercardは、ネット通販での買い物をより快適にしてくれるとても便利なものです。

特にAmazonカードを使ってAmazonで買い物をすれば常に高いポイント還元率を得る事ができ、普段の買い物でポイントが自動付与されていきますので、ただでさえ安く商品を購入できるAmazonでの買い物が、更に安く、お買い得になっていきます。

しかしAmazonカードにはこんな弱点があるのをご存知ですか?

  • 自動的にリボ払いになっていた…
  • 一括払いを選択してるのに支払いがリボ払いになっている…
  • リボ払いを解除する方法ってあるの?

上記のような問題です。この記事では、Amazonカードを利用する時に登録する特典である『マイペイすリボ』の仕様や解除方法などを紹介していきます。解除せずにこの問題を解決する方法もありますので、リボ払いではなくAmazonカードで一括で支払いたいと考えている方は絶対にチェックですよ!

Amazonカードのマイペイすリボ

Amazonが提供するAmazon Mastercardにはクラシックとゴールドがあります。自動的にリボ払いになっている設定が付与されているのはゴールドの方で、クラシックではそのような設定は付与されていませんので安心して下さい。

Amazonカードになぜ最初からリボ払いの設定が組み込まれているのかと言うと、それは三井住友カードによる『マイペイすリボ』という仕様が関係しています。

ゴールドの年会費が半額になる

クラシックとゴールドの違いは簡単に言えばサービスの違いです。どちらもAmazonでの買い物を快適にしてくれるクレジットカードである事は間違いありませんが…

  • 年会費
  • 還元ポイント
  • プライム付帯
  • 保険上限

このような点で大きな差があります。Amazonでの買い物で得られるポイントはクラシックの場合は1.5%ですが、ゴールドの場合は2.5%であり、カードを作るだけでゴールドの場合は年会費4900円のプライム会員に登録できます。

このような違いがあるクラシックとゴールドですが、マイペイすリボの自動リボ払いが付与されている事が多いのはゴールドのみ。その理由は年会費にあります。

クラシックの年会費は1375円ですが、Amazonで1回でも買い物をすれば無料になりますので、実質的な年会費は0円です。ゴールドの年会費は11000円で、これはクラシックとは違いAmazonで何度買い物をしても必ず必要になってくるものです。

このゴールドの年会費11000円はマイペイすリボに登録する事で半額以上割引の5000円にする事が出来ます。更にカード利用料金ウェブ明細書サービスを利用する事で1000円割引を適用する事が出来ますので、ゴールドの年会費を11000円から4000円にする事が出来るという訳です。

これだけ値引きになるんだったら、マイペイすリボもウェブ明細書サービスも利用してみようかなという気になりますよね。こういった事でゴールドの方はマイペイすリボに登録している人が多いという訳です。

デフォルトでリボ払いが設定される

上記のようにAmazonゴールドカードはマイペイすリボを登録する事で、年会費を大幅に値下げする事が可能になります。

Amazonでの買い物の時にリボ払いを選択しなければ大丈夫。そう思っている方が多いのですが、実はこれが大きな間違いで落とし穴。

Amazonゴールドカードのリボ払いは、一括支払いを選択しても自動的に適用されます。

リボ払いは確かに考えて使えば月々の支払いを定額にしてくれますので非常に便利なものなのですが、一括で支払う事が出来る商品をわざわざリボ払いにするメリットはありません。ただ単に無駄な利子がつくだけで、多くお金を支払ってしっているだけ。

マイペイすリボはショッピング時に一括払いを選択しても、設定金額を越えている場合は毎月一定額の支払いになります。

マイペイすリボのデフォルト設定は『3万円』です。つまり、Amazonゴールドカードを作って何も設定を変更しないままにしていると、3万円以上の買い物をAmazonでした場合、全てリボ払いに変更されます。

5万円の買い物を一括払いで選択しても3万円のリボ払いが適用されて無駄な利子を支払う事になってしまうという訳です。カードの明細書を毎回見ている人であればすぐに気付く事が出来ますが、そうでない人は気付かないでいつの間にかずっとリボ払いになっているなんて事もある位です。

Amazonゴールドカードでマイペイすリボを登録して年会費を抑えている方は、一括払いを選んでも設定金額を上回った場合はリボ払いが自動的に選択される仕組みになっているという事を必ず覚えておきましょう。

Amazonカードの自動リボ払いを解除せずに対策する方法

Amazonゴールドカードはマイペイすリボを登録する事で半額以下の年会費で利用できるようになる一方、自動的にリボ払いになってしまうというデメリットがあります。

  • 解除する方法はあるのか?
  • リボ払いにしないようにする対策法は?

この点について紹介していきたいと思います。

自動リボは解除しない方が良い

Amazonゴールドカードのマイペイすリボを解除する事は簡単です。どうしてもリボ払いにしたくない、自動的にリボ払いになるシステムはどうしても必要ない!という方は解除できます。

解除したい場合はこちらのページより

三井住友カードの公式ページで簡単に登録を解除する事が可能です。しかし、マイペイすリボの登録は解除しない事をオススメします

その理由は上記でも紹介したように、もしもマイペイすリボを解除してしまうと年会費が倍以上の値段になってしまうからです。

Amazon Mastercardはマイペイすリボの登録を条件に年会費を5000円にしています。もしも登録を解除するとゴールドカードの年会費は11000円になり、これはAmazonで何度買い物をしても一定額で変わりません。

Amazonで毎月何十万円も買い物をし、他にも色々な所でカードを使って高額な買い物をしている方であれば還元ポイントで元を取れるかもしれませんが、あまり高額な買い物をしないという方は年会費11000円は少々お高めです。

という訳で、マイペイすリボは解除せずに対策する事をオススメします。その方法については以下の項目で詳しく説明していきます。

自動リボの設定額を極限まで上げる

上記で説明したように、マイペイすリボを解除する事は簡単ですが登録を解除すると年会費が倍以上になってしまうのでオススメしません。登録を解除するよりも、リボ払いになる設定金額を上げて対策する方法がオススメです。

  • Amazonで買い物する時にリボ払いは絶対に使わない!
  • リボ払いは使わないけど年会費は安いままが良い!

そういう方にオススメの方法です。

マイペイすリボのリボ払いデフォルト設定は3万円です。つまり、Amazonで3万円以上商品を購入すると自動的にリボ払いになってしまうという設定になっています。

この上限金額をマックスの150万円まで上げてしまいましょう。そうすると、Amazonでの150万円以内の支払いは全て一括支払いで出来るようになります。

上限金額を公式サイトで上げる

一月のAmazonでの買い物が150万円を越える場合はリボ払いになってしまいますが、大抵の方は一ヶ月で150万円以上もAmazonで買い物をしないですよね。という訳で、上限金額を最初にあげてしまえば、自動的にリボ払いになる仕組みを使わずに、一括払いで買い物が出来るようになるという訳です。

自動リボの良い所

リボ払いは利子が高く、積み重なっていく支払いの何が完済していて何が残っているのか不透明で分かりにくいというデメリットがありますが、それでもきちんと意識して使えばメリットが多いものです。

特に自動リボ払いの良い所としては、会計時にリボ払いと言わなくても良いという点です。お会計時に「リボ払いでお願いします」というのは少し気恥ずかしいと思う人も多いものですが、この自動リボ払いを設定しておけば、会計時に「一括で」と言っても、自動的にリボ払いに変更されます。

このような特典はあるものの、ネット通販などのショッピングでは気恥ずかしさも何もありませんので、基本的には自動リボの設定は上限一杯まで上げておき、リボ払いが本当に必要になった時のみ設定するようにするのが良いと思いますよ。

まとめ

Amazonカードで買い物をしたら一括払いしたのにリボ払いになってる…

そんな悩みや問題を抱えている方は多くいます。Amazonゴールドカードの性質上、一括支払いを選択しても自動的にリボ払いになってしまいますので、きちんとリボ払い上限を上げて対策するようにしましょう。

自動的にリボ払いになる仕組みなんていらない!と短絡的に考え、解除しないようにして下さい。解除すると年会費が倍以上になってしまいますので、解除せずに設定上限を上げるようにしましょう。

Amazonカードは頻繁にAmazonで買い物をする方にとってはとても便利なもので、どこで買い物をしてもAmazonポイントが貯まっていきますので、気付かぬうちにポイントが貯まってかなりお得に買い物が出来るようになります。

マイペイすリボの仕組みをきちんと理解し、自動リボ払いと上手に付き合っていくようにしましょうね!