MENU

お申込みはこちら
  • HOME
  • Amazon FBAとはどんなサービス?メリット・デメリットもご紹介

Amazon FBAとはどんなサービス?メリット・デメリットもご紹介

カテゴリ:アマゾンショッピング, コラム  投稿日:2020年5月30日

Amazon FBAとはどんなシステム?

まずはAmazon FBAとはどのようなサービスなのかをご説明します。Amazon FBAとは、「フルフィルメントバイアマゾン」の頭文字をとったサービス名です。

 

Amazonによる通販代行サービス

Amazon FBAとは、簡単に言えばAmazonによる通販代行をしてもらえるサービスです。Amazon 通販商品にはAmazon プライム商品とマーケットプレイス商品があります。Amazonプライム商品の中にはAmazonが直接販売している商品もあれば、Amazon以外のお店が販売している商品で、Amazonが発送しているものがあることにお気づきの方もいらっしゃるでしょう。

 

Amazon FBAとは、Amazon以外のお店が販売している商品をAmazonが管理し、発送してくれるというサービスのことです。

 

FBAの登録料やサービス料金は?

Amazon FBAを利用する際、特に利用料金は発生しません。ただし商品が売れた際に手数料を差し引かれ、その料金はAmazonへと支払われます。手数料を差し引いたとしてもメリットのほうが大きいとして、Amazon FBAを利用される方が年々増えてきています。

 

Amazon FBAのメリットは?

Amazon FBAのメリットについてご紹介します。

 

Amazonのブランド力

最も大きなAmazon FBAのメリットとしては、Amazonのブランド力の恩恵を受けられることです。知名度のない会社が商品を販売していても、なかなかお客さんは買ってくれません。同じ商品をAmazonで販売しているだけで安心感が高まり、購入につながります。

 

また価格の高い商品は売りにくい傾向にありますが、Amazon販売している商品であれば多少高額でも売れてしまう…これはAmazonのブランド力に他なりません。

 

迅速な対応が期待できる

Amazonプライム商品の強みと言えば、荷物の発送から到着までが非常に迅速なことです。商品をAmazon FBAに登録しておき、センターに置いておけば Amazonが商品を管理し、発送してくれ、購入者の手に商品を届けてくれます。

 

多くの顧客を抱える場合、自分達だけでの商品管理や発送管理はとても手間と時間がかかります。 Amazon FBAに任せておけば個人で商品の管理発送する格段に効率がよいでしょう。「Amazonが発送します」がAmazonサイトに記載されるので、販売会社のイメージもよくなります。

 

多様な決済方法で購入率が上がる

小規模な会社や個人での通販のやり取りの場合、ほとんどがクレジットのみの対応になります。通信販売でクレジットカードを使うということに抵抗を示される方も非常に多いのです。クレジットカード決済しかないので購入を断念する方もいらっしゃいます。Amazon FBA サービスを利用すれば、 クレジット決済、代金引換、コンビニ決済など多様な決済方法が選択できるので、買い逃しを防げるため、購入率が上がります。

 

ECサイト運営の手間が省ける

ECサイト運営にはとても労力と時間がかかります。商品管理、EC サイト管理、梱包、発送、お客さんとのやり取りなどをいっぺんにしなくてはなりません。対応に追われ注文をさばけず、発送が遅れてしまえば信用に傷がつきます。特に最近、通販は即日対応が当たり前のようになってきています。

 

Amazon FBAを利用することによりこういったECサイト運営の手間が一切省かれます。EC サイト運営にかけていた時間を他の業務に回すこともできるでしょう。

 

Amazon FBAのデメリットは?

反対に Amazon FBA にデメリットはあるのでしょうか

 

ECサイト運営のスキルが上がらない

全てをAmazon FBAに任せてしまうと、自社の EC サイト運営のスキルが上がりません。顧客のニーズを掴みづらくなり、マーケティング等も行いづらくなるかもしれません。売れるとわかっている商品を売るには問題ないかもしれませんが、これから売れるであろう商品を予想したり、顧客の反応を感じ取ったりということは難しいと言えます。

 

初期設定に時間がかかる

Amazon FBAは商品をAmazonに送ってしまわなければいけないので、 あらかじめ一定の商品を用意しておく必要があることと、商品を登録したりする手間がかかるデメリットがあります。一度を設定してしまえばさほど手はかかりませんが、初めのうちは大変かもしれません。

 

手数料がかかる

当たり前ですが、Amazon FBAにほとんどのEC運営を任せるため手数料が必要になります。単価の安い商品の場合はほとんど利益にならないこともあります。とはいえ自社で通信販売をして商品を売ることは難しく、Amazon FBAは商品の管理からクレーム対応まで請け負ってくれるので、多少の手数料は否めないかもしれません。

 

FBAサービス運営の影響を受けやすい

もしAmazon FBAサービスが何らかの理由で機能しなくなった場合など、Amazon FBAサービスに登録している商品が売り出されなくなることがあるかもしれません。サーバーのエラーやAmazon 社に何か不備があった場合などは、その影響をもろに受ける可能性もあります。小規模で利用している場合には問題ありませんが、かなり大量の商品をAmazon FBAに送っている場合や、生計を Amazon FBAで立てている場合には注意が必要です。

 

Amazon FBAはどうやって利用する?

Amazon FBAの簡単な利用方法をご説明します。

 

利用登録をする

まずはAmazon FBAサービスに利用登録しましょう。アナウンスに従い、アカウントに登録、必要な情報を入力すればすぐに登録完了です。

 

FBAセンターに商品を送る

Amazonで売りたい商品が決まったらAmazon FBAセンターに商品を送りましょう。後は Amazon FBA センターが商品の受取検品をしてくれます。検品が完了すれば管理から梱包、発送までを迅速に行ってくれます。

 

あとは売れるのを待つだけ

Amazon FBAセンターに商品を送ればあとは商品が売れるのを待つだけです。商品が売れるとAmazon FBAセンターから連絡が来ます。

 

まとめ

Amazon FBAについてご説明いたしました。Amazon FBAサービスは企業でも個人でも気軽に利用できるフルフィルメントサービスです。

 

自社でのECサイト販売と並行してAmazon FBAを利用するという方法もおすすめです。どちらがいいのかは商品や会社によってそれぞれですので、ご自身にあった方法を選択してください。

 

「買取ボブ」では、Amazonギフト券をはじめとする様々なギフト券の買取を行っております。買取りのお見積もりも行なっておりますので、 ギフト券販売をご検討の方は、ぜひ一度弊社ホームページへお問い合せください。