MENU

お申込みはこちら
  • HOME
  • 業務委託の副業をする際の注意点とは?会社にバレないのかも紹介

業務委託の副業をする際の注意点とは?会社にバレないのかも紹介

働き方改革により、企業では残業時間を厳しく管理するようになりました。

これにより残業ができなくなり、手取りが減ってしまったという人もいるでしょう。そのような人は、今の仕事とは別に副業も検討されていることと思います。

副業のなかでも、業務委託という形が注目されています。ここでは、業務委託の副業についてまとめています。

業務委託と正社員・アルバイトの違いとは?

業務委託とは、企業やクライアントが、個人や他の企業に業務を委託することです。

正社員やアルバイトの場合は、企業と直接雇用の契約を結びますが、業務委託の場合は、企業とは雇用契約を結びません。

直接雇用関係に無いという点が、業務委託と正社員やアルバイトとの大きな違いとなっています。

業務委託の副業をする際の注意点

業務委託で副業を行う場合、どのようなことに注意しなければならないのでしょうか。

 

注意しておくべきポイントをまとめておきます。

確定申告が必要になる

副業で業務委託の仕事を行う場合、一定の所得を超えると確定申告をしなければいけません。

 

確定申告は、年末調整を受けた給与所得以外に20万円を超える収入があった場合は、必要となります。

会社員が副業で得た場合の所得に関しては、開業届を出していない場合は、基本的に「雑所得」として計算されるケースが多いです。

国税庁のホームページにおいて、雑所得の項目の説明で「副業に係る所得」という記載がされています。そのため、確定申告の際には会社の年末調整とは別に、「雑所得」があったことを申請しなければいけません。

会社員やアルバイトの場合は、会社で年末調整をすれば、基本的に確定申告をする必要はありませんが、副業を行う場合は、収入金額によって別途確定申告が必要となるのです。

仕事の保証がない

業務委託の仕事は、毎月一定の仕事量があるとは限りません。そのため収入も不安定になってしまいます。副業で毎月〇〇円稼ぎたいと思っていても、その通り稼げない可能性があります。

また、業務委託の仕事は、労働基準法で定められている法令について対象外となってしまいますので、最低賃金以下で業務を行うことになってしまう場合もあるのです。

契約書の作成が必要になる

業務委託で業務を行う場合、業務委託契約書を作成しなければいけません。

 

民法では、口頭でも契約は締結可能とされているので、契約書は必要ないのでは?と思われる人もいるでしょう。

 

しかし、契約書を交わしていない場合、万が一トラブルになった場合に、「言った」「言っていない」というような問題で双方が困ることになってしまいます。そのため、業務委託では契約書の作成が必要です。

業務委託の副業ならバレない?

業務委託の副業は会社に知られることなくできると言われています。実際に、案件ごとに契約して、税金関係の処理も自分で行うことになるため、会社にバレることは少ないでしょう。

 

しかし、バレてしまう可能性があるのが、確定申告での住民税の徴収です。副業での所得が20万円を超えると、確定申告しなければいけませんが、この際の住民税の徴収方法に注意が必要です。

 

徴収方法は「特別徴収」と「普通徴収」がありますが、選ぶのは「普通徴収」です。

 

「特別徴収」にしてしまうと、会社側で毎月の住民税を天引きしますので、この際に前年度に収入が増えていることがバレてしまうのです。

 

会社のお給料が変わっていないのに徴収する住民税の金額が増えているとしたら、副業以外に考えられません。

 

経理担当者がそのことに気が付く可能性は高いので、徴収方法は「普通徴収」を選び、追加徴収のお知らせを受け取ってから自分で支払うようにしてください。

業務委託の副業の3つのメリット

業務委託の副業をしたい場合、どのような副業があるのでしょうか。

副業の種類や業務委託の副業を選ぶメリットについてまとめておきます。

自分のペースで働けることが多い

業務委託の副業は、仕事をする時間を自分で決めることができます。そのため、自分の好きな時間に仕事が可能です。自分のペースで働くことができるので、プライベートの時間も確保しやすいでしょう。

 

会社の場合は、上司や同僚、後輩に気を遣いながら仕事をしなければならないことも多くマイペースで仕事をすることが難しいです。しかし、業務委託の仕事はそのようなことも少ないでしょう。人間関係のストレスも少なくなります。

成果での評価のことが多い

業務委託の仕事は、成果で評価されることが多いです。

 

そのため、成果を出したい場合は、制作物の仕上がりを高め、顧客満足度を高めることが重要になります。

 

成果を正当に評価してもらえるので、仕事に対しての満足度も高まりやすいです。

報酬の上がり幅が大きい

業務委託の仕事は、最初はコツコツしなければならないことが多いです。

 

しかし、ある程度実績を積むと、報酬があがりやすくなっています。そうすると、報酬の高い仕事にもチャレンジできるようになるので、収入を増やしたいという願いも叶いやすいです。

 

クラウドソーシングサービスを利用する場合、自分の実績も表示されるようになっているので、実績が増えることで、単価交渉もしやすくなります。

在宅でもできる業務委託の副業とは?

業務委託の仕事の中でも、在宅でできる仕事は人気が高いです。ここでは、在宅で行える業務委託の副業についてまとめておきます。

WEBライター

WEBライターの仕事は、文章を書くのが好きという人に向いています。

 

パソコンとインターネット環境さえ用意できればすぐに始めることが可能です。はじめは単価の低いお仕事しか受注できないかもしれませんが、経験を積むことで単価の高いお仕事にも挑戦できます。

 

WEBライターの仕事は、ジャンルも豊富にあるため、自分の好きなジャンルで記事を執筆することもでき、やりがいも感じられるでしょう。

プログラマー

プログラマーは、WEBプログラマーやアプリケーションプログラマー、ゲームプログラマーなど様々な種類があります。プログラマーは、プログラミングを行う仕事で、システムやアプリケーションを動かす仕組みを整える仕事です。

 

知識や経験が必要となる仕事ですが、最近は未経験からプログラマーを目指すスクールも増えていて、知識を身につけることでフリーランスで活躍している人もいます。

 

今後、副業でしっかり稼ぎたいという場合は、プログラミングの知識を身につけるのもひとつの方法でしょう。

経理代行

数字を扱うことが得意な人や、経理事務の経験があるという人は、経理代行の副業が向いているでしょう。経理代行の副業は、クラウドソーシングサービスを利用することで仕事を探すことができます。

 

経理代行の専門業者に登録することでも仕事を受注できますが、この場合は、業務委託契約とならない場合もあるので注意してください。クラウドソーシングサービスの場合は、業務委託で経理代行の仕事が可能です。

まとめ

業務委託の副業についてお伝えしました。収入が減ってしまい、何とか収入を増やすために副業を検討しているのであれば、副業以外にも収入を得る方法があります。
それは、ギフト券の買取です。手持ちのギフト券があるという人は、買取ボブでギフト券を売ってみてください。買取ボブでは、Amazonギフト券などの主要なギフト券を中心に買取を行っているので、自宅に眠っているギフト券がお金に変わる可能性も高いでしょう。