買取申込はこちら


PAGE TOP

movei contact OPEN
CLOSE

MENU

コラム

ギフト券 KAITORIBOB ボブ

WebMoneyとは?使える場所や購入方法を徹底紹介

カテゴリ:電子ギフト券, コラム, blog, イベント  投稿日:2021年8月23日

インターネット専用のプリペイド式電子マネーであるWebMoneyは、音楽のダウンロードやネットでの決済手段として、誰でも使える便利なアイテムです。まだ知らない人は、これを機に利用を検討してみてはいかがでしょうか?

 

この記事では、WebMoneyの基本的な特徴から使える場所、購入方法などを詳しく解説していきます。ぜひ、参考にしてください。

WebMoneyとは?

WebMoneyとは、ひとことで言えば「株式会社ウェブマネーが発行する、インターネット専用のプリペイド型電子マネー」です。

 

主に電子書籍や音楽のダウンロードや、オンラインゲームの課金などに利用でき、誰でも使えることから多くの人に支持されています。

 

WebMoneyのかたちは、「シートタイプ」と「WebMoneyカード」があり、以下のような特徴があります。

 

【シートタイプ】

コンビニの端末で発行できるプリペイド番号を利用するもので、残高が0になるまで使えます。1枚ごとに使いきりタイプで、最大19枚までプリペイド番号が追加可能です。

 

1000円または2000円から販売しており、3000円→5000円→1万円という風に金額が決まっているという特徴があります

 

【WebMoneyギフトカード】

Amazonギフトカードのように、店頭でカードが販売されています。1500円~5万円の範囲で購入金額が自由に設定できる「バリアブルタイプ」です。オンラインでの利用時には、裏側をコインで削り、16桁の番号を表示させます。

 

こちらもシートタイプのように1枚ごとに使いきりタイプで、残高が0になるまで使えます。

 

またWebMoneyには1ポイントが1円の価値があり、あらかじめ準備しておいたプリペイド番号もしくは、ウォレットのパスワードとIDを所定のサイトのページで入力すれば簡単に誰でも利用できるようになる優れものです。

 

インターネットが主流となった現代において、用途は使えるサイトの数は国内最大級と言われています。

WebMoneyの特徴

ここでは、WebMoneyの特徴をもう少し詳しく解説していきます。WebMoneyには大きな3つの特徴があり、「コンビニで購入できる」「本人確認が不要」「有効期限が無い」ことが挙げられます。

コンビニで購入できる

WebMoneyはネット上でも買えますが、シートタイプ、カードタイプ共にコンビニでも手軽に購入できます。コンビニでの購入の手順を以下に挙げてみました。

 

【コンビニでの購入方法】

 

  1. WebMoneyを取り扱っているコンビニに置いてある店頭の端末を操作し、「WebMoney」を画面上で選択したのちに「申込券」を発行します。
  2. レジで店員に「申込券」を渡して料金を支払うと、WebMoneyの「プリペイド番号」が書かれた用紙をもらえます。

 

先述ですが、ウェブマネーギフトカードはコンビニの店頭に並んでいます。

本人確認が不要

WebMoneyは、使う時も購入するときも、本人確認が不要です。したがって、身分証明書の提示をする必要はなく、登録もしなくてかまいません。名前や住所、電話番号だけでなく、パスワードの入力といった手続きも不要です。

 

必要なのは、コンビニの端末で購入できるプリペイド番号(16桁の英数字)のみとなります。

有効期限がない

Amazonや楽天のギフトカードなどには有効期限がありますが、WebMoneyには有効期限がありません。

 

うっかり使い忘れていてもポイント失効などにはならないので、捨てる必要がないのが嬉しいところですね。

WebMoneyを購入できる場所

WebMoneyは、コンビニや対象店舗、インターネット上で購入できます。以下に一例を挙げておくので、購入を考えている人は参考にしてください。

 

【コンビニ】

  • ファミリーマート
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ニューデイズ
  • デイリーヤマザキ
  • セイコーマート
  • ミニストップ
  • ポプラ

ほか

 

【その他の店舗】

 

  • ビックカメラ
  • イトーヨーカドー
  • セブン銀行ATM
  • マツモトキヨシ
  • ツルハドラッグ
  • サツドラ
  • ウェルシア
  • アピタ
  • イオン
  • 平和堂

ほか

 

【インターネットでの購入には】

  • WebMoneyウォレットアプリ

 

※クレジットカードやインターネットバンキングを使って買うことができます。

WebMoneyを使うことができるお店・サービス

WebMoneyを使える店やサービスですが、まず非常に多いものとしてはオンラインゲームの購入、課金が挙げられます。

 

主に以下のオンラインゲームで、WebMoneyを利用できます。

  • ハンゲ
  • mixi
  • mobage
  • GREE
  • ガンホーゲームズ
  • Steam
  • ブシモ

WebMoneyの中には「特定加盟店専用タイプ」といって、特定のサイトでのみ利用できるものもあります。オンラインゲームや音楽配信のサイトで利用できるものが多く、「Steamプリペイドカード」、「TSUTAYA オンラインゲーム専用WebMoney」、ファイナルファンタジーなどのオンラインゲームで利用できる「Crsyta専用WebMoney」などが一例です。

 

また音楽配信サイトでも、ダウンロードなどにWebMoneyが使えます。以下に挙げているものは一例ですが、対象サイトです。

  • レコチョク
  • VOCALOID SHOP
  • ウインズスコア
  • ジョイサウンドカフェ

 

音楽配信サイトでも「特定加盟店専用タイプ」のWebMoneyがあり、moraで音楽をダウンロードする際に使う「WebMoney for mora」などが一例です。

 

このほか、WebMoneyに加盟しているサイトにて、買い物や電子書籍、情報サービスの購入における決済にも使えます。

 

また、プリペイドカードであればMasterCard加盟店やコンビニでも使えますし、さらにはWebMoneyを使って募金や寄付までできるのです。

WebMoneyがおすすめの人

WebMoneyがおすすめの人の特徴を、以下に示しました。該当項目があった場合は、WebMoneyの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

 

  • 音楽や電子書籍のダウンロードを簡単にしたい人
  • ネットショッピングやオンラインゲームの課金をよくする人
  • 有効期限があるとストレスを感じる人
  • 個人情報の安全なサービスを利用したい人

WebMoneyカードとは?

WebMoneyのプリペイドカードは2種類あり、本人しか利用できない「WebMoneyプリペイドカード」と「WebMoneyプリペイドカードLite」に分けられます。

 

「WebMoneyプリペイドカード」の方は本人確認が必要ですが、「WebMoneyプリペイドカードLite」の方は本人確認が不要です。

WebMoneyカードのおすすめポイント

WebMoneyカードがおすすめとなるポイントは、「未成年でも簡単に使えること」「Mastercardを使える店舗での利用が可能なこと」「使えばポイントがたまること」の3つが挙げられます。

 

ここで、詳しく見ていきましょう。

未成年でも使うことができる

WebMoneyプリペイドカードは、本人限定カードと無記名カードの2種類に分けられます。未成年が発行する場合、無記名の方は親の同意が不要です。

 

一方本人限定のカードは、受け取り時に親権者の同意が必要になります。その後は、本人であれば未成年でも使うことができるので安心です。

MasterCardを使えるお店で利用可能

WebMoneyは、国内・海外のMasterCardの加盟店でも利用できます(利用できない店舗もあるため、要確認)。

 

店舗型のMasterCard加盟店での使い方は簡単で、手順は以下の通りです。

 

  1. レジで店員にカードを提示し、支払いを「MasterCard」と伝える
  2. 支払い方法を聞かれたら「1回で払い」と答える
  3. 支払い画面で「クレジットカード」を選択する
  4. 支払い画面にカード番号を入力する
  5. 店舗から渡される「売上票」にて利用日や金額を確認し、カード裏面と同じサインをする(サインレスの店舗あり)

 

インターネット上のMasterCard加盟店を利用する場合の手順は、次の通りです。

 

  1. 支払い時にカード表面にある「Mastercard番号」と「有効期限」を入力する
  2. 支払い方法で「1回払い」を指定する
  3. セキュリティコードが必要であれば、カードの裏面にある署名欄の右側に記載されている3桁の番号を入力する

ポイントがたまる

他のギフト券のように、WebMoneyもポイントを貯めることができます。しかも、Amazonや楽天のギフトカードと違って、有効期限がないところがポイントとなります。

 

方法としては、WebMoney対象のスポンサーサイトでアプリをダウンロードしたり、会員登録をしたりすることで、ポイントがたまっていくしくみです。

 

そこで得たポイントは自動的に即、ウォレットへとチャージされます。

 

ポイントがたまることで、オンラインゲームへの課金や電子書籍、音楽の購入時にWebMoneyのポイントを使うことが可能です。

 

また、ポイント交換サイトを利用して、WebMoneyのポイントを貯める方法もあります。ポイント交換サイト内でクレジットカードや口座を開設したり、ポイントサイトを経由して買い物をしたりすることで貯めたポイントを、電子マネー・現金・マイル・ギフト券・他社ポイントと交換ができるのです。

キャンペーンでWebMoneyをお得に使える?

WebMoneyは、提携しているさまざまなサービスが主催する「お得なキャンペーン」があります。それを利用してWebMoneyを獲得するという方法も、知っておくとお得です。

 

そのほか、「WebMoneyギフトカードを購入すると最大10%のWebMoneyを還元」「対象サイトにてWebMoneyを利用すれば、抽選でWebMoneyが当たる」といったキャンペーンなどがあります。

 

実施期間が決まっているため、公式サイトでキャンペーン情報はこまめにチェックしましょう。

最近開催されたWebMoneyのキャンペーン

最近開催されたWebMoneyのキャンペーンに、「WebMoneyでGCコインチャージ!WebMoneyプレゼントキャンペーン」があります。

 

同キャンペーンでは、オンラインゲームの「信長の野望 20XX」にて開催されたものです。

 

キャンペーン期間中、GCコインチャージ時にWebMoney決済を3,000ポイント以上一度に使った人を対象に、抽選で最大10,000POINTのWebMoneyがプレゼントさせるというものでした(期間は2021/06/08(火)23:59まで)。