買取申込はこちら


PAGE TOP

movei contact OPEN
CLOSE

MENU

コラム

ギフト券 KAITORIBOB ボブ

GooglePlayカードをiPhoneで使う方法と3つの使い道

カテゴリ:Googleplayカード買取  投稿日:2020年1月24日

電子ギフト券には沢山の種類があり、どれも便利に利用することが出来ますが注意したいのが「カードによって使えるサービスが異なる」という点です。

「iPhoneユーザーなのにiTunesカードと間違えてGooglePlayカードを買ってしまった」

「GooglePlayカードをもらったけど使い道がない…」

そんな時は困ってしまいますよね。結論から言ってしまうと、iPhoneユーザーの場合、GooglePlayカードではアプリ内課金を行ったり、iTunesで音楽などを購入することは残念ながら出来ません。

しかし、使い道が一切ないということでもありません。実はiPhoneユーザーでもGooglePlayカードを活用することができます!

この記事ではiPhoneでGooglePlayカードを使う方法と、3つの使い道について詳しく解説していきたいと思います。

GooglePlayカードはお金を同じですから、いくらiPhoneユーザーだからと言って使わずに捨ててしまうのは勿体無いですよね。そんな時は是非この記事でご紹介させていただく方法を参考にしてみてくださいね。

間違えてGooglePlayカードを買っちゃった!

電子ギフト券には沢山の種類があります。そのため、種類を間違えて購入してしまうということもありますよね。中には誰かに「GooglePlayカードを買ってきて」とお願いした時に間違ってiTunesカードを買って来られてしまったというケースもあるようです。

Amazonでのお買い物に利用出来るAmazonギフト券の場合、間違えて買ってしまってもAmazonで好きなものを購入するのに使える訳ですからあまり問題はありません。

しかし、iPhoneユーザーがGooglePlayカードを買ってしまうとほとんど使い道がないため、困ってしまうことになるのです。

GooglePlayカードは返品不可

間違って購入してしまったという時、一番最初に考えるのが「返品」ですよね。

普通のお買い物であれば、理由によってはレシートがあれば返品出来ることもあります。

しかし、GooglePlayカードの場合は一切使用していない場合でも原則として返品したり、iTunesカードなどの他のカードと交換することは出来ないのです。

念の為、販売店に連絡して見てもいいかもしれませんが、基本的には返品は難しいと考えておきましょう。

iPhoneのアプリ課金には使えない

前述の通り、GooglePlayカードはiPhoneのアプリ課金には使うことが出来ません。iPhoneユーザーでiTunesカードを購入している人の中には、アプリ内課金に利用しているという人も多いのではないでしょうか?

クレジットカードを持っていない人や使いたくない人、使いすぎを防ぐためにiTunesカードを使っている人など様々ですが、多くの人がiTunesカードを利用しています。

GooglePlayカードでもiPhoneでアプリ内課金を行うことが出来れば何も問題ないのですが、現時点ではGooglePlayカードを使ってiPhoneでアプリ内課金を行うことは出来ません。

iPhoneでGooglePlayカードを使う方法

家族や友達がAndroidのスマートフォンを持っているという人ならばあげたり、買い取ってもらうのもいいかもしれませんが、その他にも「自分で使う」という選択肢もあります。

iPhoneでGooglePlayカードを使ってアプリ内課金をしたり、iTunes内の音楽を購入することは出来ませんが、GooglePlayストアを利用すればiPhoneでもGooglePlayカードの残高を活用することが可能です。

  • Googleplayの音楽を買う
  • Googleplayの映画を買う
  • Googleplayの書籍を買う

iPhoneで出来るGooglePlayカードの活用法が上の3つです。

ここからはiPhoneでGooglePlayストアにGooglePlayカードを登録する方法と、登録した残高の3つの活用法についてご紹介させていただきたいと思います。

様々なコンテンツに利用することが出来るため、是非自分に合った方法でGooglePlayカードを活用してみてくださいね。

登録方法

iPhoneでGooglePlayストアのサービスを利用するためには、まずは「Googleアカウント」を作成する必要があります。(無料で作成可能)

Googleアカウントを作成したら以下の手順でiPhoneでのGooglePlayカードの登録を行っていきましょう。

なお、登録したGooglePlayカードの残高はログインしていたGoogleアカウントと紐づけされます。そうなると残高を他のGoogleアカウントに移動させることは出来なくなるため、Googleアカウントを複数持っているという人は間違えないように注意しましょう。

必ず、GooglePlayカードの残高を登録したいアカウントでログインするようにしてください。

  1. Googleアカウントにログインする
  2. ブラウザでGooglePlayストアを開く
  3. 左上の三本線のマークをタップする
  4. 「コードを利用」をタップする
  5. GooglePlayカードの裏面のスクラッチを削り、コード番号を入力する
  6. コードを入力したら「コードを利用」をタップする
  7. アカウントに間違いが無いか確認し、問題なければ「確認」をタップする
  8. 国、郵便番号、名前を入力して「次へ」をタップする
  9. 「コードを受け付けました」と出たら登録完了

これでGooglePlayカードの残高の登録が完了しました。登録したGooglePlayカードの残高はGoogleアカウントと紐付けられたGooglePlayの残高となり、いつでも自由に利用することが出来ます。

GooglePlay残高には有効期限がないので、自分の好きなタイミングで利用することが出来ますよ。

例えば、スマートフォンはiPhoneから変えるつもりがなかったとしてもAndroidのタブレットを購入する機会が今後あるかもしれません。そのような方は無理に残高を使い切らず、とっておくのもいいかもしれませんね。

GooglePlayの音楽を買う

音楽好きな人はGooglePlayで音楽を購入するのもオススメです。

  • 1曲ずつの買い切り
  • 聴き放題プランの定期購入(1ヶ月980円)

音楽の購入には上記の2パターンあります。1曲ずつの買い切りの場合、購入した曲に有効期限はなく、購入後は自分の好きなタイミングで聞くことが出来ます。1曲大体250円のものが多いようです。

定期購入の場合は1ヶ月980円という月額契約となっており、最初の30日はお試し期間として無料で利用可能です。GooglePlayにある全ての曲が聴き放題になるという訳ではないため、聴き放題対象の曲はお試し期間中に確認しておくようにしましょう。

1曲買い切りの場合と異なり、定期購入の場合は契約期間が切れるとダウンロードした曲は全て聴けなくなってしまいます。

音楽の利用の際には「GooglePlayMusic」から再生可能性。iTunesとの同期も可能ですよ。

GooglePlayの映画を買う

音楽は他のサービスで事足りているという人や、興味のない人は映画やテレビ番組を購入するのもオススメです。

レンタル価格は400円〜500円が多いですが、セール時には100円になるためセールのタイミングを狙ってみるのもいいかもしれません。

Google Playムービー&TV」から映画やテレビのレンタルを利用刷ることが出来ます。なお、レンタルした作品は30日間以内に視聴する必要があり、再生を開始すると48時間で視聴不可能になるものが多いです。

再生は必ず余裕を持って視聴できるタイミングで行うようにしましょう。

GooglePlayの書籍を買う

音楽も映画・テレビもちょっと…という人は書籍を買うのがオススメです。

Google Play ブックス 」では漫画の他にも小説、読むの苦手という人も楽しめるオーディオブックがあります。本によっても値段が異なりますが、紙の本で購入するよりも安い価格で購入することが出来ます。

レンタルではないため、購入した本はGoogle Play ブックス内で好きなタイミングで読むことが出来ますよ。また、書籍もセールを行っていることがあるため、セールを利用するのもオススメです。セール時には100円で購入することが出来る本もありますよ。

まとめ

iPhoneユーザーなのにGooglePlayカードを買ってしまった時のショックは大きいですよね。残念ながらGooglePlayカードではiPhoneでアプリ内課金を行うことは出来ませんが、GooglePlayストアから音楽や書籍、映画やテレビなどを購入したり、レンタルすることが出来ます。

こんな機会だからこそ、普段気になっていたものの購入までには至らなかったコンテンツを購入して、楽しんでみるのもいいかもしれませんよ。